更新:

【11月15日〜30日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月後半の運気の流れ】前半の「改革」「変化」の流れを受け、自分の人生や今の環境について「今更だけど気になる……」と立ち止まって考える時間が多くなりそう。立場や周囲の人の気持ちを考えて我慢してきたことも「どうにかできないか」という視点に立つようになるかもしれません。運という観点から考えると、今は抜本的な変化を試みても空回りするばかりの時期。とはいえ、手も足も出ないというわけではありません。自分ができる範囲のことをするのが開運のカギ。なかでも、アイドルや著名人、漫画家などの好きな人、いわゆる “推し”の生き方をマネてみるというのはいい方法です。「この人のいいとこ、そっくりいただき!」のノリで、行動してみてはいかがでしょうか。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

「人のためにできること」を考えて動くと、日常にハリが出てきます。たとえば、仕事について「私が仕事を頑張ることで、誰が喜んでくれるだろう」と考えてみる。募金をするとき、その先の人の笑顔や暮らしを想像する。優しいあなたであれば、いつもそうしているかもしれません。この時期は敢えて考えてみることで、困難を乗り越えたり、背筋をしゃきっと伸ばしたりできるようです。静かなやる気も生まれてくるでしょう。「頑張ろう」と疲れた体をムチうったりするよりも前向きになれそうです。

対人運

パートナーや同僚など、身近な人のアラが見えまくってしまう時期。相手のことをよく知っているだけに、ルーズさや考え方の甘さが手に取るようにわかって腹が立ってどうしようもないということも。ただ、イライラすればするほど関係性は悪くなりますし、怒っても相手は期待どおりに動いてくれることはないのです。ちょっとその場から離れて頭を冷やせば、本来のあなたらしさを取り戻せるはず。一時的なものですから、そんなふうにやり過ごしていけるといいですね。

金運

親戚まわりや住宅関連で想定外、かつハズせない出費があり、ちょっと慌てることになりやすい時期。困らずに済むよう、いくばくかの現金は常に手元に置いておくといいでしょう。そんななかでも、購入しておきたいのはストック食材。災害対策でも、冬のおこもりデー用でも、目的ななんでもOK。日持ちするものを買い足しておくことをお勧めします。

吉方位

15日:東、北西 16日:南 17日:北、北東 18日:南、西、北西 19日:東、西、北東 20日:南東、南西、北東 21日:東、南、北 22日:南東、南西 23日:東、南西、西 24日:東、南東、北西 25日:南 26日:北、北東 27日:南、西、北西 28日:東、西、北東 29日:南東、南西、北東 30日:東、南、北

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。