更新:

【11月15日〜30日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月後半の運気の流れ】前半の「改革」「変化」の流れを受け、自分の人生や今の環境について「今更だけど気になる……」と立ち止まって考える時間が多くなりそう。立場や周囲の人の気持ちを考えて我慢してきたことも「どうにかできないか」という視点に立つようになるかもしれません。運という観点から考えると、今は抜本的な変化を試みても空回りするばかりの時期。とはいえ、手も足も出ないというわけではありません。自分ができる範囲のことをするのが開運のカギ。なかでも、アイドルや著名人、漫画家などの好きな人、いわゆる “推し”の生き方をマネてみるというのはいい方法です。「この人のいいとこ、そっくりいただき!」のノリで、行動してみてはいかがでしょうか。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

物事はゆっくり動く時期。先を急ぐよりも、今できることにベストを尽くしたほうが、物事がうまくいくでしょう。開運のためには、ベッドに入る前のひとときを充実させると良さそう。慌ただしい毎日ではありますが、寝る直前までバタバタしていると「動」の気をまとったまま眠ることになるので、疲労や緊張感が抜けにくくなってしまいます。それよりも、10分でも15分でも、自分のためにリラックスできることをしてみませんか。ホットミルクを飲む、好きな本を読む、ホッとできることならなんでも大丈夫です。

対人運

心のなかで考えていることが、不思議なほど相手に伝わってしまう時期。もちろん「いい人〜! なんでもしてくれて大好き!」という気持ちが全部読まれてしまうほど詳細にバレるわけではないのですが「信用できない」「苦手」といった負の感情は相手にも言いようのない“イヤな感じ”を与えてしまいそう。いろいろと考えてしまうのは仕方ないとしても、繰り返し念じるのはやめておきましょう。「私は私、あなたはあなた」と思って接するのが一番です。。

金運

「滞り」をていねいに取り除いていけば、今月の金運はするするといい具合に流れ、良いと思える方向に動きそう。たとえばうっかり忘れていた支払いや、最近ではあまり使わなくなっていた月額サービスなど、「しようと思ってズルズル先延ばししてきたこと」があればひとつひとつ済ませていくこと。ただ、「いい具合に流れる」というのはサーッとお金が「流れる」、つまり出ていく動きがあるということ。買い物をするときは少し気をつけて。

吉方位

15日:南、北 16日:北 17日:東、南西 18日:東、南東、西、北西 19日:西 20日:南、北西、北東 21日:南、西、北 22日:南西、西、北東 23日:東、南西、北東 24日:南東、南、北 25日:南東、北 26日:南西 27日:東、西、北西 28日:西 29日:北西、北東 30日:南、西、北

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。