からだ

スキンケアブランドのOSAJI(オサジ)が、エイジングケアライン『KAI(カイ)』を4月25日(木) より発売。

OSAJIからエイジングケアライン『KAI』が新登場。老化の原因である乾燥と活性酸素にフォーカスし、従来品よりも高保湿、抗酸化力を追究したシリーズ。低刺激、低アレルギー処方にこだわるブランドならではの、極力肌への負担を軽くした商品展開になっている。

エイジングケアライン『KAI(カイ)』は、老化の原因である乾燥と活性酸素にフォーカスし、従来品よりも高保湿、さらに抗酸化力を追究したシリーズ。
特に注目なのが、アルペンローズエキスの配合。
同ブランドでは、抗酸化力のあるビタミンCの導入を検討していたが、刺激性もあることから見送ってきた。しかし、ビタミンCを活性化させるアルペンローズエキスを加えることで効力を発揮しながら、刺激は最小限に抑えることに成功。敏感肌の人にもやさしい処方になっている。
化粧水、美容液、クリームの3アイテムを展開。香りは、ダマスクローズとジャスミンで統一し、従来のユニセックスな展開とは一線を画している。

オサジ カイリベレーショントナー

120mL、3,800円

酸化・糖化に着目し、肌自らの基礎力をサポートするエイジングケア化粧水。
ポリフェノールを含むアルペンローズエキスと VC グリセリンが、補完しあって肌をすこやかに整える。さらに、角層の“自らうるおう機能”をサポートする3つの保湿成分「ミネラル」「尿素」「PCA-Na」を厳選配合。重ねづけをすることでもっちり感が増し、保湿力の調節が簡単に。ダマスクローズの高貴な香り。

オサジ カイリベレーションセラム

30mL、6,000円

酸化・糖化に着目し、肌自らの基礎力をサポートするとともに、年齢とともに弱まる細胞間脂質の合成力に着目したエイジングケア美容液。
ポリフェノールを含むアルペンローズエキスと VCグリセリンが、 補完しあい肌をすこやかに整える。細胞間脂質の合成に関わるフィトステロールをリポソーム構造にすることで適切に角層へと届ける。保湿力の高いシロキクラゲ多糖体や、肌荒れを防ぐイノシトールも配合。ダマスクローズとジャスミンの幸福感あふれる香り。

オサジ カイリベレーションモイスチャライザー

60g、5,000円

酸化・糖化に着目し、肌自らの基礎力をサポートするとともに、水溶性の保護膜をつくり、肌の水分蒸散を防ぐクリーム。
ポリフェノールを含むアルペンローズエキスと VCグリセリンが、補完しあい肌をすこやかに整える。保湿力の高いシロキクラゲ多糖体や、肌の水分蒸発を防ぐスフィンゴモナスエキス(セラミド代替成分)配合。
みずみずしいテクスチャーで、塗布後の肌は内側はしっとり、外側はさらさら。ダマスクローズとジャスミンの幸福感あふれる香り。

『KAI』
4月25日(木) OSAJI直営店舗、OSAJIオンラインストアにて発売開始。
問い合わせ先
日東電化工業株式会社
TEL:03-6240-9800

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。