からだ
くらし

瀬尾幸子さんの体を芯から温めるたらの鬼おろし大根煮鍋レシピ。

冬野菜といえば思い浮かぶ3つの旬野菜。その栄養をたっぷり余すところなく摂れるよう、シンプルで美味な鍋レシピを提案します。
  • 撮影・津留崎徹花 スタイリング・荻野玲子

たらの鬼おろし大根煮鍋

寒い日の食卓にぴったり。大根とたらの白さが美しい。

「たらも冬に味が良くなる食材。すだちのさわやかな存在感が大根の甘さをより引き立てます」

【材料(2人分)】 
大根鬼おろし2カップ だし用昆布10cm 水2カップ 万能ねぎ1/2把 たら2~3切れ 七味唐辛子、すだちの輪切り、ポン酢[水300ml しょう油140ml 酢、かんきつ果汁各50ml みりん30~60ml(好みの甘さで) かつおぶし10g だし用昆布5cm]各適量

【作り方】
1.
鍋にだし用昆布と水を入れて昆布が戻るまで置く。
2.大根の鬼おろしを汁ごと半量入れ、たらをのせてさらに残りの鬼おろしをのせる。
3.万能ねぎのざく切りとすだちをのせたら蓋をして中火にかけ、煮立ったら弱火にして2~3分煮る。
4.七味を振り、ポン酢で食べる。

火を通してもサクサクした大根の食感が残る鬼おろしは専用のおろし器で作る。焼き魚や肉に添えても美味しい。
【大根】旬の冬にかけて甘みが増す。生の大根にはアミラーゼなどの消化酵素が含まれている。葉の部分もカルシウムなど、栄養豊富。
火を通してもサクサクした大根の食感が残る鬼おろしは専用のおろし器で作る。焼き魚や肉に添えても美味しい。
【大根】旬の冬にかけて甘みが増す。生の大根にはアミラーゼなどの消化酵素が含まれている。葉の部分もカルシウムなど、栄養豊富。

瀬尾幸子(せお・ゆきこ)さん●料理家。素材や調味料を活かしたシンプルで「本当に作りたくなる」レシピには多くのファンが。NHK『きょうの料理』など各種メディアで活躍中。

『クロワッサン』1008号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。