『しんあい農園』のほしいも(丸干し、平干し)|手みやげをひとつ | 読む・聴く・観る・買う | クロワッサン オンライン
読む・聴く・観る・買う

『しんあい農園』のほしいも(丸干し、平干し)|手みやげをひとつ

  • 撮影・中島慶子 文・嶌 陽子

「また食べたい」の声が続出する、飽きの来ない味。

俳優として活躍するかたわら、20年以上前からライフワークとして、秋田県で米作りを続けている永島敏行さん。そこから食や農業の世界にも関心が広がり、15年前から生産者と消費者をつなげるマルシェ「青空市場」を始めるようになった。現在も毎週金曜日、東京・丸の内の行幸通り地下通路で、全国各地の食材を販売している。今回、挙げてくれた茨城県にある「しんあい農園」の干し芋も、このマルシェへの出店がきっかけで出合った一品だ。

「食べてみたら、程よい甘さと柔らかさがあって、すごくおいしかったんです。農園の三代目、澤畑君はまだ若い、大らかな青年。普通なら、ほかの作物も作るところを、干し芋一本でやっていると聞いてびっくりしてね。頑張っている彼を応援したい気持ちもあるんです」

有機栽培した玉ゆたか、紅はるかを自然乾燥。手軽につまめるようにカットした平干しと、芋一本をそのまま干した、食べ応えばつぐんの丸干し。どちらもしっとりとした食感と自然な甘みがあり、飽きのこない味わいだ。

「コーヒーや紅茶に合うのはもちろん、スライスして生ハムやチーズをはさんでワインと一緒に食べてもいけます。冷凍保存しておいて、夏場に食べるとひんやりしておいしいですよ。糖度が高いから、冷凍しても凍らないんです」

毎年12月から販売を始めるため、お歳暮やお年賀に贈ることが多いほか、舞台の公演中の差し入れにしたことも。

「老若男女、贈る相手を選ばないのもいい。特に若い女性や小さな子どもを持つお母さんたちには人気があります。ただ、最初は『へえ、干し芋か』って、反応が薄いんですよね。華やかなスイーツや高級フルーツに比べると、見た目も地味だから。でも誰もが一口食べると、『また食べたい』って言ってくれるんです」

永島敏行さん
ながしま・としゆき 俳優

1956年、千葉県生まれ。’77年、映画『ドカベン』でデビュー以来、映画やテレビドラマ、舞台などで活躍中。農業コンサルタントの顔も持つ。2018年3月、出演映画『北の桜守』(東映)が公開予定。

しんあいのうえん●茨城県ひたちなか市足崎433-2 TEL:029-285-0180 FAX:029-285-7627 営業時間:10時〜18時、火曜休。平干しは800g小袋入り1,700円、2kg箱入り3,400円、3kg箱入り4,800円、5kg箱入り7,500円。丸干しは800g小袋入り1,900円(丸干しは予約制で1月中旬より順次発送)。取り寄せ可(電話注文のみ)。

『クロワッサン』963号より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE