くらし
ニュース
更新:

カリフォルニア・セントラルコーストの旅①

  • 文・斎藤理子

自然が作ったハート型のブッシュを囲む、
丘陵のぶどう畑を眺めながらテイスティング。

リチャード&パム・ナイナー夫妻が経営するワイナリー「Niner Wine Estates(ナイナー・ワイン・エステート)」は、パソロブレス周辺に3つのぶどう畑を持っています。その中でもぜひ訪れたいのが、テイスティングルームやワイナリーレストランがある「Heart Hill Vineyard(ハート・ヒル・ヴィンヤード)」。

3カ所のぶどう畑ではカベルネ・フラン、マルベック、ルーサンヌ、グルナッシュ、シラー、ムールヴェードルといった品種が栽培されています。収穫されたぶどうは、「Heart Hill Vineyard」で醸造され、“FOG CATCHER(フォグ・キャッチャー)を始めとする高品質なワインにと生まれ変わります。ナイナーで人気抜群のサンジョベーゼやシラーといった銘柄も、ここで作られています。

「Heart Hill Vineyard」という名前の通り、ぶどう畑に囲まれたこのワイナリーの象徴でもあるブッシュはハート型。これは人工的に作られたこのではなく、もともとハート形に生育していたブッシュのまわりにぶどうを植えたのだそう。

テイスティングルームは、自然が形成したハート形のブッシュと、そのまわりを取り囲む丘に植えられたぶどう畑が織りなす美しい風景を見ながらワインが味わえる極上の空間です。“フード&ワインマガジン”誌で“ベスト・ワイナリーレストラン・イン・アメリカ2017”に選ばれたワイナリーレストランでは、この景色を眺めながらのランチも楽しめます(木曜〜日曜。要予約)。

1 2 3 4 5
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。