ニュース

胸がキュン!猫本書店「にゃんこ堂」
おすすめ絵本と写真集。

日本中から猫好きが集まってくる、猫本書店『にゃんこ堂』。ニャンともかわいいおすすめ本を選んでもらいました。

本の街・神保町「にゃんこ堂」がおすすめするニャンダフルな、絵本と写真集。

本の街・神保町「にゃんこ堂」がおすすめするニャンダフルな、絵本と写真集。

 
『にゃんこ堂』は、東京・神保町交差点そばの姉川書店の中にあります。

 オープンしたのは2013年6月。店主・姉川二三夫さんの娘のユウコさんが猫好きであることもあって、店内の一角に古今東西の猫本コーナーをつくったのです。にゃんこ堂オープンの噂はSNS等で広がり、今や日本全国から猫本と猫グッズを買いに人が集まる〝猫好きの聖地〟に。

「小さな店ですが、素敵な猫本は新刊だけでなく古い本も発掘して取りそろえるようにしています。『にゃんこ堂』に行けばあるかもしれない。そう思って遠方から来てくださるお客さんも多いです」(ユウコさん)

今回ユウコさんにおすすめの猫写真集と猫絵本を選んでもらい、一冊ずつコメントをもらいました。

「おかしな言い方かもしれませんが、猫の人間臭さ がギュッと詰まっている写真集や、大人でもせつなくなってしまうような絵本を中心に選びました。自分用としてだけでなく、お見舞いやお礼等さまざまなプレゼントとしてもおすすめです。猫本で胸がキュン。大人にもそういう時間は必要ですよね」

リクオ店長。飼い主にして部下であるアネカワユウコさんとは13年前から生活している。万年不在の猫店長だが、店の顔として有名なにゃんこ。

リクオ店長。飼い主にして部下であるアネカワユウコさんとは13年前から生活している。万年不在の猫店長だが、店の顔として有名なにゃんこ。


 

【写真集】
まるで人間のような表情から、目が離せません。場が和みます。

 

『ふるさとのねこ』岩合光昭

「津軽のリンゴ農家に生まれた5匹の
子猫たちの姿を、岩合光昭さんが1
年かけて撮影した写真集です。美し
い津軽の四季の中で、力強く生きる
猫たちの姿に感動を覚えます」

クレヴィス/1,600円

クレヴィス/1,600円


津軽の四季、そこに生きる子ネコたちの物語。私たちにどこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれるよう。

津軽の四季、そこに生きる子ネコたちの物語。私たちにどこか懐かしい「ふるさと」を感じさせてくれるよう。

 
 

『猫だって鼻ちょうちんくらいできるもん。』あおいとり

「この写真集は『にゃんこ堂』で根強い人気。自称サラリーマン猫写真家"あおいとり〞さんが撮影した野良猫たちの、人間のような仕草や表情、コメントのオチもたまりません」

青青社/1,300円

青青社/1,300円


あおいとりさんはこの本以外にも島猫写真集『島ねこぽん』を出版。

あおいとりさんはこの本以外にも島猫写真集『島ねこぽん』を出版。

 
 

『のせ猫プレミアム』SHIRONEKO

「これは『のせ猫』シリーズの総集編
です。純粋に笑えるかわいらしさ。
何の支えもないのに、のせてます(笑)。
花あり、かごあり、人参あり。白菜
までのっているのが不思議!」

宝島社/800円

宝島社/800円


かご猫シロをはじめ、総勢6ぴきのかご猫ファミリーのかわいい写真が満載。

かご猫シロをはじめ、総勢6ぴきのかご猫ファミリーのかわいい写真が満載。

 

【絵本】
子どもたちへの読み聞かせにも、大人への贈り物にも。

『チャーちゃん』作・保坂和志 画・小沢さかえ

「始まりが衝撃的! 猫の『ぼく』はも
う死んでいるんです。死んでいるけ
れど、生きている。生と死について
大人も考えさせられる、斬新な構成
の絵本だと思います」

福音館書店/1,400円

福音館書店/1,400円



文章を手がけるのは、現代文学の旗手、保坂和志。猫を語り手に紡ぐ言葉は、思いもかけない死の姿を照らし出します。

文章を手がけるのは、現代文学の旗手、保坂和志。猫を語り手に紡ぐ言葉は、思いもかけない死の姿を照らし出します。

 
 

『ばけねこ ぞろぞろ』石黒亜矢子

作者・石黒亜矢子さんの絵にひきつ
けられます。この本にはたくさんの
化け猫が登場します。子どもたちと
読みながら、化け猫に名前をつけて
いくのも楽しいと思いますよ」

あかね書房/1,400円

あかね書房/1,400円


猫好きはもちろん、妖怪好きも楽しめる一冊。繊細な和のタッチは外国人への贈り物にもいいかも。

猫好きはもちろん、妖怪好きも楽しめる一冊。繊細な和のタッチは外国人への贈り物にもいいかも。

 
 

『猫のプシュケ』
文・Goose house/竹澤 汀、絵・もずねこ

「これはせつない。迂闊に立
ち読みできないお話です。子
猫もやがて飼い主を追い越し、
年をとる。そしていつか別れ
の時が来る……。ダメ、説明
してる間にも泣けてきます」

TOブックス/1,300円

TOブックス/1,300円


 

『うきわねこ』
文・蜂飼耳/絵・牧野千穂

「『にゃんこ堂』オープンの時
からの人気本。満月の夜、た
った1回だけ空を飛べる……
そんなワクワクの要素がつま
っています。寝る前に子ども
に読んであげたい一冊です」

ブロンズ新社/1,400円

ブロンズ新社/1,400円


 

『ノラネコぐんだんきゃぽっぽ』
工藤ノリコ

「いたずら好きな"ノラネコぐ
んだん"の反省していなさそ
うな顔もかわいくて。大人と
子どもが一緒に音読してもい
い。ドッカーン!! いろいろ
なことが起きる話です」

白泉社 1,200円

白泉社 1,200円


神保町『にゃんこ堂』東京都千代田区神保町2・2 姉川書店内 ☎03・3263・5755 営業時間10時~21時(土曜10時~18時)

◎店主・姉川二三夫さん●いつも笑顔でお客さんと猫世間話。50年前から神保町で働く。

『クロワッサン』916号(2016年1月10日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE