『Art for Gift-アートを贈るクリスマス-』が銀座 蔦屋書店で12月25日(火)まで開催中。 | アートとカルチャー | クロワッサン オンライン
くらし

『Art for Gift-アートを贈るクリスマス-』が銀座 蔦屋書店で12月25日(火)まで開催中。

銀座 蔦屋書店では、『Art for Gift-アートを贈るクリスマス-』を12月25日(火)まで開催中。店内にさまざまなアート作品を展示するほか、多彩なアートピースを用意。クリスマスに、“アートのある生活”を大切な人へ贈ってみては?

世界にたったひとつしかない“1点もの”のアートギフトは、“特別な贈り物”。

“アートのある生活”を提案する、銀座 蔦屋書店では、2018年12月25日(火)までの期間中、クリスマスフェア『Art for Gift-アートを贈るクリスマス-』を開催。
イベントスペース「GINZA ATRIUM」で開催する野原邦彦の個展をはじめ、店内にさまざまなアート作品を展示。他にもヴィンテージブック、BIG BOOK、ポスター、ジュエリー等、多彩なアートピースを用意し、アートを“ギフト”に贈るクリスマスを提案。

透明なヴェネチアンガラスを素材に、周りの光や空気を取り込む佇まいを特徴とした作品を制作する三嶋りつ惠。少女や鳥をモチーフに、無彩色の木彫作品を制作する大竹利絵子。スイーツデコの技術を用いて、まるで本物のようなカラフルなクリームやキャンディ、フルーツなどを施した作品を制作する渡辺おさむ等、さまざまなアーティストの作品を “アートギフト”として店内の随所に展示。
BOOK・文具フロアでは、20世紀のパリを中心に活躍したアーティストたちの挿画本を厳選したヴィンテージブックの他、写真家 今城純の写真作品や、タダジュンの版画作品、希少性の高いディック・ブルーナのポスター等、たったひとつの特別なギフトを取り揃えた。また、スタジオジブリあの服、Cat’s ISSUEなど手仕事が加えられた“1点もの”のアイテムも。

アートの特徴は、“1点もの”であること。世界にひとつだけの特別な贈りものとともに、大切な人へ“アートのある生活”が届けられる。
文具雑貨では、オンリーワンなギフトをテーマに、5つの個人ブランドの商品を展開。どのブランドも個性豊かで用いている素材も異なり、商品は全て1点もの。

パールのビーズ刺繍で作るBONHEURのジュエリー、和紙と漆塗りの伝統技法を用いるriuru、Ritual the craftsによる水引を使った作品、建物や風景をモチーフに作成された、Fillyjonkのシルバージュエリー、七宝を用いて作品をつくる、KenichiKondoの5つのブランド。

GINZA SIXの中央吹き抜け空間には、フランス人アーティスト、ニコラ・ビュフの巨大アートを展示。また展示を記念し、店舗限定商品も発売。ストール、マグカップなど、今回の展示のためにアーティスト自らデザインしたアイテムは、大切な日を彩るアイテムとしておすすめ。
銀座 蔦屋書店で大切な人への“オンリーギフト”を探して。

『Art for Gift-アートを贈るクリスマス-』
会期:開催中~2018年12月25日(火)※会期など変更の可能性もあり。
時間:10時~22時30分
会場:銀座 蔦屋書店(東京都中央区銀座6・10・1 GINZA SIX 6階)
電話:03・3575・7755
主催:銀座 蔦屋書店

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE