くらし

約80年ぶりに第4の新カテゴリーが登場! ルビー色のチョコレートが本格展開をスタート。

無着色、天然のルビー色の新チョコレート「カレボー®ルビーチョコレート」が日本で本格展開を開始するとのことで、発売に先立ちベルギー王国大使館にて行われた、新商品発表・先行試食会にお邪魔しました。

スイスに本社を置くグローバルチョコレートメーカーであるバリーカレボー社の日本法人、バリーカレボージャパン株式会社は、ダーク、ミルク、ホワイトに次ぐ、第4のカテゴリーのチョコレートとして開発したルビーチョコレート「RB1」のプロフェッショナル向け(業務用)の販売を開始し、今秋を目処に日本で本格展開をスタートさせる。

チョコレートの新カテゴリーの登場は約80年ぶりで、バリーガレボー社が13年の歳月をかけて開発に成功。ベリー系の材料は一切入っておらず、一般的に栽培されているカカオから、ルビーチョコレートにできるカカオだけを独自の技術で選り分け、加工。無着色で天然色のルビーチョコレートが完成した。

今回のルビーチョコレートの新商品発表・先行試食会では、東西二大パティシエである、辻口 博啓シェフと小山進シェフが登壇。
ルビーチョコレートを見た時の率直な感想を聞かれると、
「2年前から発売の噂を耳にして、すぐにサンプル依頼をかけた。とにかくびっくりしたが、すぐに何かを作りたくなって、頭の中でイメージが膨らんだ」(小山シェフ)

また、パティシエ業界への影響については、
「みんな興味を持っているし使いたいはず。可能性に満ちたチョコレートですね」(辻口シェフ)とそれぞれ語った。

左:辻口 博啓シェフ 右:小山進シェフ

今回の発表会では、辻口シェフと小山シェフがルビーチョコレートを使ったショコラがふるまわれ、辻口シェフはギフト提案として、サラミのように見える「ソシソンショコラ」を開発。ルビーチョコレートの酸味を活かし、お酒にぴったりな大人の味わいに。

小山シェフは「エチオピアンルビー」と名付けたボンボンショコラ。フルーツとしてのカカオ、コーヒーを提案したかったと語り、ルビーチョコレートとエチオピアのシングルオリジンコーヒーを組み合わせたなめらかなショコラが振舞われた。

辻口シェフ考案の「ソシソンショコラ」。シャンパンと合わせたい。
小山シェフ提案の「エチオピアンルビー」。コーヒーとの組み合わせが抜群!
辻口シェフ考案の「ソシソンショコラ」。シャンパンと合わせたい。
小山シェフ提案の「エチオピアンルビー」。コーヒーとの組み合わせが抜群!

味わいは最初はなめらかな口どけ、後からほのかな酸味が効いてくる、新鮮な口当たりだ。

ルビーチョコレートの今後の展開は、7月からプロフェッショナル向けの予約を開始、10月から発売を開始。今年の冬からバレンタインにかけて、ルビー色のショコラが店頭を彩るはず。

パティシエたちがルビーチョコレートを使ってどんな提案するか、想像しながら楽しみに待ちたい。

ロゼシャンパーニュとも好相性。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE