くらし

ヒャダインさんの母の味、ナスとサンマ缶の炒めもの【ヒャダインの台所 Vol.23】

人気音楽クリエイター・ヒャダインさんが度々Twitterでアップする食事が美味しそう、もっと食事の内容を詳しく知りたいとクロワッサン オンラインで連載スタート!
今回はヒャダインさんのお袋の味⁉︎ である、ナスとサンマ缶の炒めものを紹介してもらいました!

今日のメニュー。

Photo:ヒャダインさん

実家の母は自称料理が苦手なのですが僕はそう思ったことがなく、母の料理はいつも美味しく食べて成長してきました。その中でもナスとサンマ缶を炒めたものが好きでよく食べていたのですがそういえばレシピ聞いたことないなあ、と思って電話したら

「あら!あんなん簡単やん!ナスを炒めてサンマ缶入れたら終わりやで!」

というまさかの手抜き料理!「え、味付けとか?オイスターソースとか入れないの?」と尋ねると「サンマ缶の蒲焼きの味で十分やん!」と一蹴されました。実際そのまま作ってみたら母の味完成!! やはり「母の味幻想」みたいなものって男子は持ちがちなんですかね。奥さんに「母さんは味噌汁のダシを毎日鰹節から出してた!」と主張する旦那の母親に尋ねたら「あら、うちはずっと顆粒よ」と言われた、みたいな話もありますが、男子は神聖化するのかもしれませんね。

で、肝心の味ですがご飯にも合うしお酒のおつまみにも抜群です!

【ナスとサンマ缶の炒めもののヒャダイン・母流レシピ】

<材料(作りやすい分量)>

ナス2本(大きかったら1本)
秋刀魚の蒲焼缶詰 1つ
サラダ油 少々

作り方

1. ナスを食べやすい大きさに切る。
2. フライパンにサラダ油をひいてナスをある程度炒める。
3. 秋刀魚の蒲焼缶詰をドンと入れてナスがしなっとするまで炒める。
4. お好きな硬さのナスになったら出来上がり!

>過去のレシピ一覧はこちら!

ヒャダイン

音楽クリエイター。本名 前山田健一。1980年大阪府生まれ。3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。
作詞・作曲・編曲を独学で身につける。京都大学を卒業後2007年に本格的な音楽活動を開始。
動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。タレントとしても多数のTV、ラジオレギュラー番組に出演。YouTubeのヒャダインチャンネルでは多彩なゲストとの対談コンテンツを配信中。。料理歴は10年。得意料理はぶり大根。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。