からだ

【女優 財前直見さん】母親役のナチュラル系から、モードでマニッシュなスタイルに変身。

  • 撮影・天日恵美子 スタイリング・大沼こずえ(eleven.) ヘア&メイク・笹浦洋子 文・中込久理

メンズライクなアイテムを取り入れてトレンド感をアップ。

「リラックス感たっぷりなのにおしゃれ度が高くてうれしいです」 プラムカラータートルニット3万6000円(バトナー/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店) チェックパンツ4万4000円(サルバム/ユナイテッドアローズ 原宿本店 TEL:03-3479-8180) ホワイトスニーカー3万2000円(リビアナ・コンティ/アノア TEL:03-3408-6690)

「おしゃれなうえに体の動きがラクちん! モードなカジュアルスタイルは大好きです。こんなシンプルな着こなしなら取り入れやすいし、スタイリッシュな気分になれますね」

チェックジャケット5万円(デザイナーズ リミックス/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 TEL:03-5786-0555) ブラックノースリーブカットソー1万1000円(フランク&アイリーン/サザビーリーグ) ブラウンスカート3万9000円(エリン/ユナイテッドアローズ 丸の内店 TEL:03-5224-8051) ブラックレースアップシューズ2万9000円(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 有楽町店 TEL:03-6268-0538)

大分での日常はデニムパンツとモノトーンのトップスで一年じゅう過ごすという財前さん。今回はスタイリスト大沼こずえさんの提案で、流行のテーマをふんだんに取り入れたマニッシュスタイルに挑戦した。
「今年の秋冬はチェックがトレンド。メンズライクなジャケットやオーバーサイズのトップスも目立ちます。こうしたアイテムを1点加えることで今年らしい雰囲気になるんですよ。ジャケットを脱いだらシンプルなスタイルなので、誰でもトライしやすいと思います」(大沼さん)

スタイリスト大沼さんが解説するおしゃれのキーワードに、真剣に耳を傾ける財前さん。

ジャケットに合わせるスカートは光沢のある柔らかい素材のもの。また、トップスには流行カラーのプラムやパープルを選ぶのがマニッシュスタイルを女らしく着こなすコツ。
「プラム色のニットは着てみたいと思っていました。手持ちの服に流行色のアイテムをひとつ買い足すような取り入れ方は気軽で楽しいですね。バブル時代は流行りのブランドものを追いかけていましたが、最近はカジュアルな店でも買い物するんですよ。でも、今日みたいに流行のキーワードを上手に取り入れたおしゃれは気持ちが上がります。こういう感性は忘れずにいたいですね」(財前さん)

《いつものスタイル》写真のスカートは、「母のコレクションの端切れをパッチワークで仕立て直したもの」。

財前直見(ざいぜん・なおみ)●日本テレビ系ドラマ『サバイバル・ウェディング』で好演中。10月5日公開の映画『パーフェクトワールド』にも出演。

『クロワッサン』981号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。