暮らしに役立つ、知恵がある。

 

気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】

気圧や天気の変動によって起こる不調をやわらげるツボをご紹介します。
気象病による頭痛は「内関(ないかん)」、体のだるさには「天枢(てんすう)」がオススメです!
ツボの基本はこちらから。

【気象病】×【ツボ】

気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】
気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】
気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】
※基本は両腕とも押す。時間がなければ片腕だけでもOK。
※基本は両腕とも押す。時間がなければ片腕だけでもOK。

【内関】は気象病による頭痛のほかに、乗り物酔い、不安感、動悸、自律神経の乱れなどの改善に効果的とされています。

気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】
気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】
※座りながらでも、寝ながら行ってもOK。
※座りながらでも、寝ながら行ってもOK。

【天枢】は気象病によるだるさのほかに、胃もたれ、便秘、下痢、自律神経の乱れなどの改善に効果的とされています。

※ツボを押す指は、自分でやりやすい指でもOKです。爪で押したり当てたりしないように。うまく指の腹や先端を当てて「イタ気持ちいい」を目安に指圧しましょう。

教えてくれた人
加藤雅俊 (かとう・まさとし)さん

薬剤師。体内環境師。薬に頼らず多方面から体をケアする「ホリスティック」という考え方を日本で初めて提唱。主な著書は『ホントのツボがちゃんと押せる本』(高橋書店)、『薬に頼らず血圧を下げる方法』(アチーブメント出版)など。

  • 崎田ミナ

    崎田ミナ さん (さきた・みな)

    イラストレーター、漫画家。

    1978年、群馬県生まれ。ヨガ通いによって、長年のうつ病を克服。著書に『くう、ねる、うごく! 体メンテ』(マガジンハウス)、『自分の手でときほぐす! ひとりほぐし』(日経BP)などがある。

『クロワッサン』1102号より

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

  1. HOME
  2. からだ
  3. 気象病のつらさにはこのツボ!頭痛、だるさがラクになる【崎田ミナのつかれにピンポイント!】

注目の記事

編集部のイチオシ!

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

オススメの連載