くらし

【神社編】『クロワッサン』が見つけた、大人が愉しい、銀座とっておき。

  • 撮影・森山祐子 文・斎藤理子

幸稲荷神社

1丁目の護り神として、江戸時代から信仰されている。再開発のため、2014年に現在の場所に移転。縁結びの神社として知られ、わかりにくい場所ながらも参拝者が絶えない。

幸稲荷神社(さいわいいなりじんじゃ)●銀座1-5-13

朝日稲荷神社

松屋通りに面したビルの路面に拝殿、その屋上に本殿がある。地面と本殿はパイプでつながっていて、拝殿でのお参りが本殿に届く仕組み。本殿参拝はビルの開館日に準ずる。

朝日稲荷神社(あさひいなりじんじゃ)●銀座3-8-10 大広朝日ビル

宝珠稲荷神社

1615年頃、地方領主の江戸屋敷内に、家内安全・火除の神として祀られたのが起源。その後、譲渡と移転を重ねる。大正時代に木挽町の氏子に寄進され、現在の場所に鎮座。

宝珠稲荷神社(ほうじゅいなりじんじゃ)●銀座3-14-15

『クロワッサン』971号より

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。