くらし

【光熱費編】衣・食・住をサポートする、お得な制度とサービス。

知っていれば節約できるお金や、あとで戻ってくるお金を取り逃がしていませんか? ライフスタイルに応じて光熱費のお得なプランを比較してみましょう。
  • 撮影・千葉 諭 文・島影真奈美

「衣・食・住をサポートする、お得な制度とサービス」の概要はシリーズ記事の【医療・介護編】を御覧ください。

【電気・ガスの自由化】多くの場合、電力会社は乗り換えてもガスはそのままがお得。

電力自由化(2016年4月)に続いて、2017年4月には都市ガスの自由化がスタートした。これで、地域で決められた電力会社やガス会社以外とも契約できる環境が整った。

電力自由化が始まった当初は「規模の小さい会社は電気の供給が不安定になるのでは」などの噂も飛び交ったが、
「選んだ電力会社が原因で停電することはありません」(風呂内さん)
どの電力会社と契約しても電気は従来の電力会社の送電線を通って送られる。送電網を管理する電力会社には、電力供給を安定させることが義務づけられており、停電などの対応にもこれまでと違いは出ない仕組みになっている。ガスも同じく、従来のガス会社が整備や保守を担当する。

電力自由化の折、“変更するかどうか決めるのはガス自由化を待ったほうがいい”とも言われていた。ガス自由化から9カ月ほど経過した今、もっともお得な変更方法の見つけ方は?
「インターネットで複数の比較サイトを使って、どのような選択肢があるのかを知るのが最初の一歩です。一般的に電気料金は各社の差が大きく、ガス料金は差が小さい傾向が見られますが、使用量やライフスタイルでも変わります」

さっそくサイトを検索してみよう。

最適なプランを探せる比較サイト。

価格.com
電気・ガスそれぞれについて使用量や利用料金から節約可能額を試算。「オール電化」「セット割」なども考慮できる。

エネチェンジ
サイト独自の特典や期間限定キャンペーンなども充実。専門スタッフによる契約切り替えサポートも利用できる。

1 2
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE