くらし

多種多様な麺の食べ比べが楽しい!埼玉・うどんの名店をめぐる旅。

うどんといえば香川の讃岐や秋田の稲庭が有名ですが、じつは埼玉もうどん県だった!? ご当地うどんを食べ比べ、その魅力を探りました。
  • イラストレーションルポ・オカヤイヅミ 構成&文・長谷川未緒

「埼玉は昔から小麦の生産地として知られ、明治時代に二毛作を全国に広めて小麦生産の礎を築いた権田愛三も熊谷市出身なんです」と語るのは「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」主宰の永谷晶久さんだ。平成21年の農林水産省のデータによると、うどんの生産量は埼玉が2位となっている。

「1位の香川との違いは、ご当地うどんの多さです。昔から交通の要所だったためさまざまな文化が混じり、各地で多様なうどんが生まれたのでしょう」

20種以上あるというご当地うどんの中から、選りすぐりの名店を漫画家のオカヤイヅミさんがレポート!

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。