くらし

【和田裕美のお悩み相談】50代からの友達探しがうまくいきません。

外資系教育会社でのフルコミッション営業で世界142カ国中第2位の成績を収めたキャリアを持つ和田裕美さんが読者の悩みに答える連載。今回は夫と死別後、友達探しを始めた50代の女性からの相談です。

<お悩み>
50代に入り、新しいお友達を探しています。
主人が亡くなり、仕事と家の行き帰りだけでは味気ないので、これからは世界観がかわるような幅広い年代の方とのさらりとしたお付き合いをしたいです。
イベントに出かけたり、キルトや御朱印、加圧トレーニングを始めたりしておりますが、おひとりさまで慣れてしまっているのか? 交友関係が広がりません。 アドバイスをお願いします。(沙織31/女性/50代)

和田裕美さんの回答

沙織31さん、ありがとうございます。
新しい友達をつくるということですが、
イベントへ出かけたり、ご朱印帳、
加圧トレーニングも始めたりとかってほんと素晴らしい!

さて、友達が多くできる人の共通点があるんです。
それは
「自分から声をかける」
これだけです。

見渡してみると同じように
馴染めてない人や、ひとりでいる人を発見します。
そんなときに
「私通い始めたばかりなんですが
 いつから習っていますか?」
と声をかける。
ちょっと相手の反応がよければ
「このあとお茶でもして帰りませんか?」と
二回目の声をかける。
これを数回続けてみてください

「いいです、いいです、予定があるので」
と断られたら、「じゃあまた今度」
これでおわりです。
あまりしつこく誘わないで
ほんとうにさらっと誘うだけです。
断られてもほぼ相手に悪気はなく、一人でいたい人か
極端に人見知りの人か、ほんとうに用事がある人なので
気にしないでください。

あと仲良くなりたいなら、まず褒め上手になって。
たとえばキルトなら
「わあ、すごいこれ上手ですね。さっきから見て感動していて~」
と相手を褒めるように声をかけていくのがいいのではと思います。

もし
連絡先を聞いたら、その日中に挨拶だけはしてください。
ホットなうちにつながりを持つというのがすごく大事なので。

以上のことをやってみて、
ぜひ交友関係を広げてみてください!

和田裕美(わだひろみ)●作家・営業コンサルタント。京都生まれ。京都光華女子大学キャリア形成学科客員教授。書籍だけでなくラジオや会員サービス「パワースクール」など各種メディアで情報発信中。代表作に、『人に好かれる話し方』、『世界№2セールスウーマンの「売れる営業」に変わる本』『人生を好転させる「新・陽転思考」』等。新刊に『稼げる技術』(ダイヤモンド社)、『タカラモノ』(双葉文庫)など。
⇒ 公式サイト

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。