暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

六白金星

【7月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

直感が冴えわたるとき。なんとなく感じた予感が当たったり、相手の行動が読めたりと、ピンと来ることがいつも以上に多くなるでしょう。ただし、その直感は自分のために使うに留めるのが幸運のカギです。先回りして自分に有利なように動いたり、それで人の心を動かそうとしたりすると裏目に出やすいでしょう。あなたはそうした計算で行動する人ではありませんから、問題はなさそうですね。なお、クリエイティブな趣味やお仕事には、その冴えた直感をフルに活かせそうです。

対人運

グループの中で存在感が増すときです。発言が注目されたり、中心的な役割を担ったりと、あなたにスポットライトが当たる機会が増えるでしょう。ただ、運不運は表裏一体で、良いことばかりではなさそう。配慮を細かく行き渡らせることができなかった発言が思った以上に注目されてしまったり、目立つがゆえにやっかみを受けたりすることも──と、そんなことを言われたら怖いですよね。いつもよりも柔らかく、控えめな言動を心がけることで、周りはちゃんとその気持ちを汲んでくれます。あなたならきっと、大丈夫です。

金運

見栄のためにした出費は、期待したほどの効果も感動ももたらさない予感。せっかくなら、心から納得できるものを買って「わあ嬉しい!」となりたいものですよね。じっくり吟味する時間こそが金運の底上げとなるので、欲しいものは時間をかけて検討しましょう。仮にその間に売り切れになってしまったら、「もっと素敵なものとのご縁がある」というメッセージと受け取っておきましょう。それもまた「いい流れに乗る」ということです。

吉方位

1日:南 2日:南西、西 3日:南西、西 4日:南、南西 5日:南東、南 6日:南東 7日:東、南西、北西 8日:南東、西、北西 9日:自由に過ごす日 10日:南 11日:西 12日:西 13日:南 14日:南東

六白金星の基本性格

夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

  1. HOME
  2. 2024年7月前半の運勢
  3. 【7月1日〜14日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載