【1月15日〜31日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

1月前半に続き、とてもいい運気です。新しいことにチャレンジしたり、趣味や仕事で手を広げてみたりと、自分のためのアクションが思ってもみなかったようなチャンスを運んでくれるでしょう。この時期のポイントは、他人の反応や手助けをアテにしないこと。「私がしたいから、する」と決めたことほど、あなたが本当に望む運を引っ張ってくる力を持っています。この半月はいつも以上に、それが叶いやすいときと言えるでしょう。

対人運

あちこちから引っ張りだこになって、同時に複数の人の要望を満たすために動くことに。「自分にできるだろうか」「うまくいくだろうか」という不安もあるかもしれませんが、「誰のために頑張るか」を明確にイメージすると間違いのない動きができるでしょう。といっても、あなたも想像はついておられると思いますが、人生に間違いも正解もないのです。私たちはそのときどきのベストを尽くすしかできないですよね。ただ、この時期の選択は「あのときの自分は、正しかった」とのちのち、思い出すことになるだろうと思います。そのくらい、豊かな運に恵まれた時期です。

金運

誕生日や引越し祝い、合格祝いなど、誰かの成長や未来の幸運を願うような出費が多くなりそうです。ほか、相談に乗ってくれた人にサクッとコーヒー1杯分のデジタルギフトをSNS経由で贈る、などプチギフトもおすすめ。もちろん贈れば贈るほど運気アップ! というわけではないのですが、幸福を願って送り出したお金は、巡り巡って思わぬところから、あなたのもとに戻ってきます。決して「出して終わり」ではないはずです。

吉方位

15日:南西、西、北、北東 16日:東、南西、北西 17日:南、北東 18日:南東 19日:東、南東、西、北西 20日:東、南西、北西 21日:南東 22日:南東、南 23日:南、南西、北東 24日:南西、西、北、北東 25日:東、南西、北西 26日:南、北東 27日:南東 28日:東、南東、西、北西 29日:東、南西、北西 30日:南東 31日:南東、南

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。