【1月15日〜31日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

想定外の展開に「これからどうなるの⁉︎」と、連ドラの予告編を見ているような気分に。でも、ドラマは見るだけですが、人生はストーリーを作っていけます。まずは「変化=良くないこと」「振り回されるしかない」といった思い込みを捨てて、「しっかり見据えて有利な選択をするぞ」と思ってみましょう。自分ひとりが考えてもどうにもならないことはひとまず様子見に徹し、自分がどうにかできることだけに集中するというのもいい選択です。

対人運

まるで見当外れな意見にモヤモヤ。なぜ違うのか、どうすればいいのかと理屈で説明しようとしても、今は相手には届きにくいとき。「いちゃもんをつけられた」などと、余計に腹立たしい反応をされるのがオチなので、取り合わないほうがいいでしょう。言葉ではなく、行動と結果で見せれば相手も自然とアレコレ察するはず。遠回りなようでも、相手の“学習”にもつながりそうです。

金運

大きな買い物には向かないものの、悪くない金運です。日常の買い物では欲しかったものがタイミングよくセールになるなど、ツイていると思えることのほうが多いはず。なお、何らかのサービスに加入したり、仕事を引き受けたりする際は、いつも以上に念入りに契約書に目を通しましょう。「必ずアブないことが書いてある」というわけではないのですが、大事なところを読み飛ばしやすい時期です。仕事であれば、読むことでやる気スイッチも入るはず。

吉方位

15日:南、西 16日:東、南西 17日:南東、北西 18日:東、南東、北西 19日:南東、南西 20日:東、南西 21日:南、北 22日:南、南西、北東 23日:南、北東 24日:南、西 25日:東、南西 26日:南東、北西 27日:東、南東、北西 28日:南東、南西 29日:東、南西 30日:南、北 31日:南、南西、北東

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。