【1月15日〜31日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

観察眼がきりりと冴えるとき。いつもなら迷ってしまうような選択であっても、何手も先が不思議と見えてきて、何を選べばどうなっていくのか計算ができます。あなたの選択に際して「なんで?」「遠回りじゃない?」などと言う人がいても、自分のやり方を貫き通してOK。あなたにしか見えていない道があるというだけのことです。気にかけてくれたことだけ、感謝できると素敵です。

対人運

総合運とも関連してくるお話ですが、行動や発言に迷いがありません。そうしたあなたの姿に惹かれるようにして、アドバイスや意見を求めてくる人が増えるでしょう。その分野の専門家でなくても「専門外だから気付けること」を提示できるなど、相手の役に立てる可能性も高いはずです。ただ、「あなたはこういう性格だから〜」などと相手を分析し始めると、重たい雰囲気になることも。問題解決のための発言に徹するのがベストでしょう。

金運

買い物やお出かけは少々予算オーバーの予感。ただ、総合運でも述べた通り観察眼は優れています。そのモノが気に入っていて、ネックなのが値段であるならば「買って後悔はないモノ」と言えるでしょう。変にグレードダウンして変なものを買って、使わなくなったモノを思い出すなどして、“清水の舞台”的な出費をしても良いのではないかと思います。長期的に見れば、この時期に買うものはおトクなはず。

吉方位

15日:東、南東、西 16日:南西、北東 17日:南東、北 18日:南東、南、北 19日:東、南西、北東 20日:南西、西 21日:南、西、北 22日:南、北西、北東 23日:西 24日:東、南東、西 25日:南西、北東 26日:南東、北 27日:南東、南、北 28日:東、南西、北東 29日:南西、西 30日:南、西、北 31日:南、北西、北東

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。