からだ

ぽっこりお腹の原因
「下がり腸」をヨガで改善〜夜編〜。

ヨガを通じてぽっこりお腹を癒してきた YOGA STUDIO TOKYO主宰の大友麻子さんに腸に効くヨガのポーズを伺いました。

「私が行っているハタヨガでは、腸は〝風の場所〟といわれ、風通しをよくすることで体全体が健康になると考えられています。実際、ヨガのポーズには下腹部を刺激するものや、ガス抜きをするものもたくさん存在するんです。取り入れると腸が元気を取り戻し、便秘や下腹の悩みを改善できます」と大友さんが話すように、ヨガは大腸への有効なアプローチとなります。

また、副交感神経が優位なときに活発に動くという腸の性質とも相性がいいと言います。

「交感神経が優位となるハードな運動より、リラックスできるヨガは腸を刺激したり動かすのに向いています。夜は寝転んだまま行うリラックス系ポーズでこわばった腸をほぐしてあげると、睡眠中の腸の動きが活発になりますよ」

また、腸ヨガの効果を高めてくれるのが、ヨガの特徴である呼吸。

「ひと呼吸ごとに〝もう吐く息がない〟と感じるくらい吐き切ると、次の吸う息がすごく大きくなります。すると横隔膜が上下に動き、腸が内側からマッサージされます。腹筋が鍛えられたり、腸周りの毛細血管が刺激されて血行が促されるというメリットも。最初は難しいかもしれませんが、ぜひ取り入れてみてください」

 

夜は副交感神経を優位にする、寝ながらリラックスヨガ。

お尻を上げて腸を活発に
肩が床から離れないように注意。

肩が床から離れないように注意。


仰向けになり両足を軽く開いてひざを立てる。息を吸いながら両手で床を押して、お尻を床から上げる。そのまま深い呼吸を5回繰り返し、最後に息を吐きながらお尻を下ろす。
難しかったら・・・
少しでもお尻を浮かせた上体を保って。

少しでもお尻を浮かせた上体を保って。


お尻がうまく上がらない人は、少しだけでもいいので床から上げた状態でキープを。


 
 
お腹のガスを抜いてスッキリ。
深く呼吸をすることを忘れずに。

深く呼吸をすることを忘れずに。


仰向けになって両足を軽く揃える。両ひざを立てたら両手でひざを抱き、胸のほうにぐっと引き寄せる。そのままの状態で、ゆったりとした呼吸を5回ほど続ける。。
力を抜いて副交感神経を優位に。
力を抜いてリラックス。

力を抜いてリラックス。


仰向けになりクッションの上に置いた両脚を適度に開く。両手のひらを上に向け、体から少し離した場所に。目を閉じたら全身の力を抜く気持ちで、5回呼吸を繰り返す。


 
 

下腹部とお尻周りをストレッチ

四つん這いからスタート。

四つん這いからスタート。


1.両手両ひざを床につけ、足を腰幅、手を肩幅に広げ、腕と太ももを床に対して垂直にキープする。左脚を足裏は上に向けたまま、できるだけまっすぐに後ろに伸ばしていく。
かかとを恥骨の位置へ持っていくように。

かかとを恥骨の位置へ持っていくように。


2.右ひざを両手の間にくるよう、前へ出す。このとき、かかとが恥骨の位置にあるとベスト。背中は丸くならないように、まっすぐ伸ばしておくのがポイント。


両腕をおでこにつけて前屈。

両腕をおでこにつけて前屈。


3.両腕を前に出して組み、その上におでこをつける。下腹部が圧迫され、お尻の周りが伸びているのを感じながら、ゆっくりと呼吸を5回繰り返す。反対側も同様に行う。


 
 

内蔵の位置を整え腹筋力がアップ

脚をピンと伸ばして。

脚をピンと伸ばして。


1.うつぶせになり、脚を伸ばす。両腕は体側に沿うように置き、手のひらは上向きにする。おでこは床につけて、リラックスした状態に。その後、両手を背中の後ろで組む。
お尻、肛門への意識を忘れずに。

お尻、肛門への意識を忘れずに。


2.息を吸いながら頭と両脚を床から離して、上半身をゆっくりと上げる。お尻と肛門を締めるように意識し、5回深呼吸。。


難しかったら・・・
肩甲骨をくっつけるイメージで。

肩甲骨をくっつけるイメージで。


両腕を体側につけ、頭、両脚、両腕を上げる。背中とお尻を締めて胸を前に広げるような意識で5回呼吸。


 
 

◎大友麻子さん YOGA STUDIO TOKYO主宰/ダイビングにヨガを取り入れたジャック・マイヨール氏に感銘を受け、ʼ95年よりヨガを学ぶ。

『クロワッサン』905号(2015年7月25日号)より

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE
TAGS
#ヘルス