くらし

甘酒専門店 のレンMURO神楽坂店が、無料の『利き甘酒まつり』を開催中!

「のレンMURO神楽坂店」は、日本特有の麹を中心とした発酵食品に焦点を当てたコンセプトショップ。店内の甘酒全商品100種類を無料で利き甘酒でき、専門スタッフと甘酒選びの相談ができる『利き甘酒まつり』を8月12日(月)まで開催中。この機会にお気に入りを見つけて。

夏の季語とされ、江戸時代から愛飲されていた甘酒

「のレンMURO神楽坂店」

甘酒は大きく2種類に分けられ、酒粕に砂糖を加えて作る甘酒と、米麹を発酵させて米のデンプンをブドウ糖へ変え、自然な甘さを引き出す甘酒がある。
米麹を発酵させて作る甘酒はノンアルコールのため子供から大人まで誰でも飲むことができ、ブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群、食物繊維などの栄養素が豊富。体に吸収されやすいことから“飲む点滴”とも言われ、注目されている。
甘酒は夏の季語とされ、江戸時代には暑気払いや熱中症予防のため愛飲されていた。現代人の夏バテ防止に、食欲不振でも栄養補給ができるおすすめの飲み物だ。

酒蔵が造った甘酒や、オーガニック玄米甘酒、フルーツ甘酒なども取り揃え

「のレンMURO神楽坂店」では、米麹の甘酒にこだわり全国各地から選りすぐった100種類の甘酒を常時展開。酒蔵が造った甘酒や、無添加で体にやさしいオーガニック玄米甘酒、さわやかな飲み心地の乳酸発酵甘酒、シャーベットなどにアレンジ自在のフルーツ甘酒など様々な甘酒を取り揃えている。
“実際に味を確かめて、納得して甘酒を選びたい”という声から、今回店内の甘酒全商品100種類を無料で利き甘酒し放題の『利き甘酒まつり』を開催することに。
期間中は気になる甘酒は全て無料で利き甘酒し放題で、専門知識を持つスタッフがお気に入りの1本との出合いをサポート。
また、7月24日(水)から27日(土)は神楽坂の夏の風物詩となっている「神楽坂まつり」も開催。お祭りついでに利き甘酒を楽しめる。

『のレン MURO神楽坂店 利き甘酒まつり』
住所:東京都新宿区神楽坂1-12
営業時間:10時〜21時(年中無休)
開催期間:〜8月12日(月)

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE