くらし

【試し読み付き】11月10日発売の『クロワッサン』最新号は「簡単で体にいい。もちろん美味しい! 決定版! 魚の食べ方。」

11月10日発売の『クロワッサン』1057号は「簡単で体にいい。もちろん美味しい! 決定版! 魚の食べ方。」
旬を迎える魚が多くなるこれからの季節。けれど 下処理がめんどう、調理法がマンネリなど 敬遠しがちな人も多いのでは?
実は、魚料理はコツさえつかめば、時短で美味しく調理できる優秀食材。 最近は切り身やサクなど、手間なしで扱える魚も多数。
まずは、より新鮮な魚を見極める方法と、賢い買い方、 保存の仕方などをプロに指南してもらいました。

【試し読みはこちら】

旬を迎える魚が多くなるこれからの季節。けれど 下処理がめんどう、調理法がマンネリなど 敬遠しがちな人も多いのでは?
実は、魚料理はコツさえつかめば、時短で美味しく調理できる優秀食材。 最近は切り身やサクなど、手間なしで扱える魚も多数。
まずは、より新鮮な魚を見極める方法と、賢い買い方、 保存の仕方などをプロに指南してもらいました。

CONTENTS

croissant No. 1057
クロワッサン(11月10日発売)

簡単で体にいい。もちろん美味しい!
決定版! 魚の食べ方。

本田明子さんにトリンドル玲奈さんが習う。
実は時短。コツを知って納得。
昔ながらの、魚のおかずの作り方。

切り身、プラス1素材で完成!
シメまで楽しむ、ごちそう鍋。

フライ、唐揚げ、衣揚げ、かき揚げ。
名店に教わる、揚げ物の秘訣。

ご飯が、お酒が、よく進む。
身近な魚介食材で作る小皿料理。

下ごしらえ次第で、旨みアップ、
割安でおいしい「サク」の活用レシピ。

手軽に魚介を楽しみたいから。
コンロ要らずでメインのおかず。

旨みが凝縮、塩加減も完璧。
干物ならではの、絶品アレンジ。

調理のときには味付け不要!
失敗知らずの切り身の漬け置き術。

お魚大国、ニッポンならでは!
すぐ真似したい地方の魚料理。

シンプルな調理法で味が引き立つ、
バリエーション豊富な牡蠣の食べ方。

あと一品、に役立つ頼れる味方!
練りものの味を生かした、簡単副菜。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。