くらし

【山田ルイ53世のお悩み相談】友人からの結婚報告にモヤモヤしています。

お笑いコンビ髭男爵のツッコミ担当で、作家としても活動中の山田ルイ53世さんが読者のお悩みに答える連載。今回は旧友からの結婚報告のある言い回しにモヤっとした気持ちになっている女性からの相談です。
  • 撮影・中島慶子

<お悩み>

遠方に居住し年賀状のやりとりは続いている学生時代の友人から、改元直後に結婚報告のはがきが届きました。(私の周りは既婚者や遠方居住者が大半で、決して広くなかった友達付き合いもほぼなくなりつつあり、普段LINEもほとんど使いません。職場の人間関係は良好ですが友人といえる人はいません。おそらく職場で友人をつくれるタイプでないと思います)
今までだとそうなんだーと受け流していたのですが、今回、なぜか文面の「『こっそり』結婚しました」、という言い回しに過剰に反応してしまい未だにモヤモヤしています。マウンティングするようなタイプではないので、悪気はないとは思うのですが……。
こんなことでと思われるかもしれませんが、年末に彼女へ年賀状を出すことに迷いすら出ています。
これまでにも友人知人や職場の若手から結婚や出産報告を受けることは何度もありましたが、心の底でうらやましいとは思うことはあっても嫉妬までは感じず、近況報告の一つとして割と淡々と受け流していました。
ただ、今回のモヤモヤの原因が、独身である焦りからきているとは思えません。ゼロとはいえませんが。それなら他の人にもモヤモヤするはずだと思うからです。
自己分析と気持ちの整理ができない恥ずかしい自分にアドバイスをいただけますとありがたいです。

(我慢地蔵/女性/30代半ばの独身です。公的機関で正規の事務職に就いています。)

山田ルイ53世さんの回答

「『こっそり』結婚しました」との一文がどうにも引っ掛かり、モヤモヤするという我慢地蔵さん。
「マウンティングするようなタイプではない」と仰いながらも、「彼女に年賀状を出すことを迷っている」とのこと。
しっかり、マウントを取られた気分のご様子です。
結論から言えば、
「まあまあまあ……」
といったところでしょうか。
お相手には、実際悪気はないでしょう。
これは、“隠れ家的”と謳いつつ、グルメサイトにしっかり紹介されている店と同じこと。
「隠れたいのか、目立ちたいのか、どっちやねん!」
いや、答えは勿論、目立ちたい、広く告げ知らせたいのです。
そもそも、本当にコッソリしたいなら、令和婚など避けるはず。
色々思うところはあるでしょうが、基本、目出度い話。
次の年賀状には、
「コッソリあけましておめでとうございます!」
と書き、“コッソリ返し”でもしてみてはいかがでしょう。

山田ルイ53世●お笑いコンビ、髭男爵のツッコミ担当。本名、山田順三。幼い頃から秀才で兵庫県の名門中学に進学するも、引きこもりとなり、大検合格を経て愛媛大学に進学。その後中退し、芸人へ。著書に『ヒキコモリ漂流記』(マガジンハウス)、『一発屋芸人列伝』(新潮社)、近著に『一発屋芸人の不本意な日常』(朝日新聞出版)。
 公式ブログ

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。