暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【7月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【7月1日〜14日の流れ】
「現状を改革する」ことが今月の大きな課題に。九星気学では立春が“お正月”ですが、カレンダー上では2024年も半分が過ぎた計算になりますね。こうした節目のときというのは、「振り返りと調整」に使うことで運気をフレッシュな状態にキープできます。ここまでの半年間、「やろう」と思いながらも手をつけて来られなかったことがあるなら、7月前半のうちに「何をするか」をリスト化してみるといいでしょう。「やろう」と思っているだけだと重たい腰も「資料請求をする」「書類を揃える」など具体化してみると、不思議とできたりするものですよね。具体化擦るほどの気持ちも起きないなら、「疲れすぎていて、何かをする前に休息が必要」か、「本当はやりたくない」という可能性大。後者なら、いっそ目標から外してしまったほうが運気はよくなります。

文・真木あかり

四緑木星

【7月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

ハッピーなムードが漂う幸運期。取り組んでいること、直面していることに自分なりの楽しみを見出し、積極的に面白がってみることで運気が明るい方へと動いていきます。子ども心、遊び心といったものはぜひ、大切になさってください。ハプニングも楽しむことで、意外と軽く済むものです。今はとてもそんなテンションになれないという人は、まずは美味しいごはんを食べて、ぐっすりたっぷり眠りましょう。ぼんやりする時間を持ちましょう。それだけで大丈夫です。

対人運

好調です。わざわざ不機嫌な人に触りに行くようなことをしなければ、良好な関係を築いていけるでしょう。賑やかに食事をしたり、ワイワイ遊びに行ったりすることが似合う星回りです。ただし、考え事をしたり、誰にも気を遣わずにリラックスしたりと、プライベートな時間がまったくなくなってしまうと気ぜわしいだけの日々と感じられることも。楽しい予定も、ほどほどが一番ですね。

金運

出費は多めになるものの、楽しい思い出をたくさん作れる時期です。特に観劇やライブ、花火大会など、その場限りのお楽しみはこの時期の運をグッと高めてくれるよう。普段はオンラインで視聴する人も、ちょっとお出かけしてみませんか。遠出は難しい、時間がないといった場合は季節感を感じる瞬間を増やしてみると良さそう。旬の果物をベランダで食べたり、朝顔の花を見たり、一度きりのこの夏を全身で感じましょう。

吉方位

1日:自由に過ごす日 2日:東 3日:東、南 4日:南西 5日:南西 6日:南東、北西 7日:南東、西 8日:北西 9日:西、北西 10日:自由に過ごす日 11日:南西 12日:東、南 13日:自由に過ごす日 14日:南西

四緑木星の基本性格

木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

  1. HOME
  2. 【7月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載