暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【1月15日〜31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。

文・真木あかり

【1月15日〜31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

「自分を変えたい」という気持ちが高まる時期。立春からも自分らしく頑張っていくために、良くないと思っている習慣をスパッとやめたり、ネガティブにしか働かない発想を切り替えたりするのはとてもいい選択です。ぜひ前向きに変化を選び取っていくといいでしょう。ただし「今の自分がダメだから変えたい」と自己否定モードで頑張ると、道半ばにして心が折れやすくなるのかも。「今の自分も頑張っているけれど、もっといい自分になりたい」という前提をベースにしてみるといいでしょう。

対人運

身近な人を誤解していたことに気づくかも。冷たい人だと思っていたら思わぬところでアツい一面を垣間見たり、ボーッとしている人だと思っていたら素晴らしく豊かな内面世界を持った人だと気付いたりと、人を見直すことになるでしょう。でも、よく観察していないと気づくこともできません。人は見た目で判断する生き物ではありますが、誰に対してもできるだけ先入観を持たずに、その人らしさを見つけていけると素敵です。

金運

特に無理をしているわけではないのですが、自然と堅実モードで過ごせる時期に当たっています。手元にお金が残りやすい時期ではあるのですが、同時に欲も少し薄くなるので、フリーランスで生計を立てている人は安すぎる報酬で引き受けたりしないようご注意を。ほか、転職などで年俸交渉をする際も、提示されるがままではなく自分に見合う金額であるか、確認するといいでしょう。

吉方位

15日:西、北東 16日:自由に過ごす日 17日:北西、北 18日:東 19日:東、南東、北東 20日:東、西、北 21日:南、南西、北西、北 22日:南、北 23日:南東、西、北東 24日:東、西、北東 25日:北西 26日:南東、北西、北 27日:自由に過ごす日 28日:東、南西、北東 29日:東、西、北 30日:南西、北西、北 31日:南、北

九紫火星の基本性格

まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

  1. HOME
  2. 【1月15日〜31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載