【1月15日〜31日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

人に「してあげられること」が多い時期。困っている人に声をかけたり、同僚の残業を手伝ってあげたりと、できる範囲で手を差し伸べてみると思った以上に感謝されそうです。もちろんあなたもやるべきことがあるでしょうから、忙しければ「まずは自分のことに集中する」で十分です。そうすることで、結果的に周りの人のためになると考えておくといいでしょう。ちなみに、ここであなたがした親切は、巡り巡ってあなたに返ってくるはず。もちろん、それを目的に親切をするなんてことはないでしょうが、優しさの循環の起点となれる時期なのですね。

対人運

身近な人と話し合いをする必要を感じている場合は、立春までの間にきちんと時間を作って話し合ってみるといいでしょう。「現状では問題は起こっていないから」と先延ばしすると、問題はいっそう大きく、扱いがたいものに膨らんでいきます。今ならまだ解決・改善しやすいはずですから、ケリをつけておけるといいですね。なお、ここでの話し合いは、まずは相手の意見を聞くことからスタートしてみるといい結論にたどり着けそうです。

金運

プチぜいたくの費用対効果が高い時期。いつもよりハイグレードなランチで午後いっぱい頑張ることができたり、ちょっといいコーヒーのリフレッシュ効果を実感したりと、やる気を高めてくれるでしょう。毎日のようにやっていては効果も薄れてしまいやすいので、ここぞというときを厳選してやってみたいですね。人と一緒にするプチぜいたくなら、さらに気分がアガることも多そうです。

吉方位

15日:南東、南西、北西 16日:南、北 17日:南西、北東 18日:東、西、北東 19日:南、西、北西 20日:北、北東 21日:南 22日:東、南東 23日:東、南西、西 24日:南東、南西、北西 25日:南、北 26日:南東、南西 27日:西、北東 28日:南、西、北西 29日:北、北東 30日:自由に過ごす日 31日:東、南東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間