【1月15日〜31日・六白金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。
  • 文・真木あかり

六白金星

総合運

長期的な目標をブラッシュアップするといい時期。1〜3年スパンで叶えたいことをノートや手帳に書き出し、達成までのロードマップを描いてみませんか。現状ではまったくノーアイデアなことは、ひとまず寝かせておくのがベストでしょう。具体的なビジョンが描けるテーマだけが、この時期はめきめきと育っていくからです。「この人のようになりたい」と思える人が具体的にいるなら、その人になりきったつもりで考えてみるといいアイデアが生まれそうです。

対人運

注目度がアップ。何気なくSNSに書いたことや、無意識のようにしてやっていることが、思った以上に人の目に止まっているよう。といっても「監視されている」というわけではなく、あなたの存在感が増しているため、つい惹き付けられてしまうという状態なのだろうと思います。悪い意味で目立つことはないはずですが、誰に見られてもいい言動を意識するに越したことはないでしょう。自慢話や内輪ネタは避け、思いやりある言葉選びを心がけておけると安心です。

金運

学びや教養など、自分のなかに蓄積していくものにお金を使うと有意義な時期。無料で学べる良質な教材もたくさんあるかもしれませんが、しっかり身に付けたいと思うテーマなら有料のオンライン講座や書籍といったものは本気度も高まり、素晴らしい実力につながっていくでしょう。特に学びたいことがない人は、お財布のメンテナンスを。中身を整理し、傷んだり汚れたりしている場合は新しく購入するといいでしょう。

吉方位

15日:南西、北西 16日:南東 17日:南、北 18日:北東 19日:西、北東 20日:西、北 21日:南、北東 22日:南東 23日:東、南東、西 24日:東、南西、北西 25日:南東 26日:南東、南、北 27日:南、南西、北東 28日:南西、西、北東 29日:西、北 30日:北東 31日:南東

六白金星の基本性格
夕日が沈んだあと、空にきらめく一番星がたたえる神聖な光。太陽のように、エネルギーに満ち溢れたパワフルな光。そうしたものに象徴される、特別な魅力の持ち主が六白金星の人です。威風堂々として揺らがぬ自信を持っており、相手が誰であってもひるまずに意見できる。向上心に溢れ、自分がこうと思った道を突き進む意欲にも溢れています。行動派で、優柔不断な人がちょっと苦手。自分にも他人にも厳しい完璧主義者。こうした傾向から、近づきがたい人と誤解されることもあるのですが、実際はざっくばらんで親しみやすい人でもあります。年齢や性別、役職などによって態度を変えることはなく「人と人」としてフラットに接する様子は、今の時代に重要なコミュニケーション能力とも言えるでしょう。ちなみに、オフィシャルな面では豪胆に振る舞っていても、内面は意外とデリケート。繊細な自分を前向きに受け入れて守ることも、あなたがあなたらしく生きるために重要なテーマとなります。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間