暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【1月15日〜31日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。

文・真木あかり

五黄土星

【1月15日〜31日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

リアルな経験からヒントを得たり、チャンスをつかんだりすることができる半月。オンラインで購入できるものも敢えてお店に足を運んだり、SNSでつながっている友達と会ったりと、カラダもココロも総動員で動かしてみるといいでしょう。また「風」も幸運のキーワード。寒い季節ですが、定期的に窓を開けて換気をしたり、散歩に出て外の空気を吸ったりするといいでしょう。ツキに恵まれないときの流れをリセットするときも、まずは空気のきれいな場所で深呼吸を。

対人運

対人運にさほど大きな心配はないのですが、立春という節目を前に人間関係を総括しておくのはいい機会になるでしょう。オイシイところばかり持っていく人、一緒にいて疲れるばかりの人など「何かを持っていかれる相手」とのお付き合いは、ほどほどにしておくといいかもしれません。そこに使うエネルギーは、本当に大切にしたい相手のために使ったほうがハッピーなはず。時間も労力も有り余っているならいいけれど、現実はそうではないから大切にしたいですよね。

金運

自分を豊かにするための出費はできる限り、我慢しないでおきたい2週間。もちろん限度はあるにしても、興味を惹かれた本を購入したり、気になっていた美術展に足を運んだりするといいでしょう。いいものを買ったらSNSで紹介したり、素敵なサービスを受けたらクチコミを書いたりするのもおすすめです。豊かさをみんなにシェアすることにつながり、さらにいい運が巡っていくはず。

吉方位

15日:南東、南西、北西 16日:南、北 17日:南、南西、北、北東 18日:東、西、北東 19日:南、西、北西、北東 20日:西、北、北東 21日:南東、南、北西 22日:東、南東 23日:東、南東、南西、西 24日:東、南東、南西、北西 25日:南、北 26日:南東、南、南西、北 27日:南、西、北東 28日:南、南西、西、北西、北東 29日:西、北、北東 30日:南東、北西 31日:東、南東

五黄土星の基本性格

五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

  1. HOME
  2. 【1月15日〜31日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載