暮らしに役立つ、知恵がある。

 

【1月15日〜31日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。

文・真木あかり

二黒土星

【1月15日〜31日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

総合運

身近な人に感謝し、いたわる気持ちを持つことで運気の底上げとなる時期。二黒土星のあなたであれば、普段から実践しておられるかもしれませんね、大事なのは、身近な人を大切にするとき、自分のことを後回しにしないこと。「身近な人と同じくらい、自分も大切にする」と、大切にするもののなかに自分も入れてみることで、偏りのない穏やかな流れを作っていけます。「私はいいから」と遠慮しがちな気遣い屋さんも、この時期は「私も!」と、言ってみたいところです。

対人運

コミュニケーションにおいて「違和感があればその場で解決する」ということが幸運につながる時期。しばらく静観しよう、本人が言い出すまで待ってみようという優しさのかたちもナシではないのです。本人のやる気を尊重したり、しばらく泳がせてその人の本気度を見たり、したいときもありますよね。ただ、この時期は待っているうちにどんどん不安が大きくなってきたり、いろいろな疑惑が浮かんできたりすることが、人間関係において少なくない妨げになる予感。攻めるようなニュアンスでなく、パッと軽く確かめるようにすれば心証を害することはないはずです。

金運

毎月固定で出ていくお金を精査するタイミング。サブスクリプション系サービスや、「あとで解約すればOKだから」と一時的に申し込んだオプション料金など、使っていないものはまとめて解約を。新しく自分に合ったプランが出ている場合は、乗り換えもアリでしょう。最近、金運が停滞していると感じている人の場合は「ものを動かす」のが滞りの解消に。使わなくなったものを売ったり、人に譲ったりするといいでしょう。

吉方位

15日:南西 16日:南、北 17日:南、南西、北、北東 18日:北東 19日:南、西、北西 20日:西、北東 21日:南東、北西 22日:東、南東 23日:南東、南西 24日:東、南西 25日:南、北 26日:南、南西、北 27日:南、北東 28日:南、西、北西 29日:西、北東 30日:南東、北西 31日:東、南東

二黒土星の基本性格

ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

  1. HOME
  2. 【1月15日〜31日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

人気ランキング

  • 最 新
  • 週 間
  • 月 間

注目の記事

編集部のイチオシ!

オススメの連載