【1月15日〜31日・一白水星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いは立春からスタートします。この半月はさながら、年末のようなタイミング。新しい1年に向かって、「人間力」のようなものが注目される流れに入っています。何を身につけているかよりも、どんな器であるか。この時期は不思議とそれが見えるかたちで現れ、新しい1年に向けた心の整理に役立てられていくようです。人間力は一朝一夕には上がるようなものでもありませんし、上げようなどと画策すればかえって薄っぺらく見えるもの。これが自分と受け入れて、人と調和してやっていくのが一番だろうと思います。そのうえで、不毛な人間関係は少し今後を考えていくといいでしょう。疎遠になった人は、今は後追いしないことが大事です。
  • 文・真木あかり

一白水星

総合運

下がったものを上げる、という機会が不思議と多くなるかもしれません。意欲や気分といった目に見えないものはもちろんのこと、成績や運動量などが理想よりも下回っている場合はコツコツと改善をはかっていくといいでしょう。その際、やる気だけでどうにかしようとすると、一瞬の回復で終わりがちに。毎朝一定の時間をとってそれだけに集中するとか、頑張らなくてもできる程度のことを習慣化するなど「続ける」ことに目を向けてみるといいでしょう。

対人運

同じことを伝えるのでも、どう言うかで相手の反応って大きく変わりますね。この時期は良くも悪くも、それを実感することになりそう。相手が理解できる言葉を使い、ゆっくりと話すといい時期ですが、言って響かないなら日を改めて伝えるようにするといいでしょう。「あとひと押し」と強く説得を続けるよりも「今は聞きたくない」という相手の気持ちを尊重することで、心の扉を開いてもらいやすくなります。

金運

ストレス解消のための出費がかさみやすい日。特にストレスを感じていない場合でも、なんとなく食べ過ぎてしまうことが続いたり、衝動買いが重なったりした場合は、心が何らかのはけ口を求めていると考えたほうがいいでしょう。余分な出費を減らしたい場合は、じんわり汗がにじむ程度の運動をするのがおすすめ。欲求を無理に押さえつけようとしなくても、余分な欲だけがきれいに燃えてすっきりするはずです。

吉方位

15日:南西、西、北東 16日:南、西、北 17日:南、北西、北東 18日:西 19日:東、南東、西、北西 20日:東 21日:南東、北 22日:南東、南、北 23日:東、南西、北東 24日:南西、西、北東 25日:南、西、北 26日:南、北西 27日:西 28日:東、西、北西 29日:東、南西 30日:南東、北 31日:南東、南、北

一白水星の基本性格
液体として存在するだけでなく、氷に水蒸気にとさまざまにかたちを変える水のように、柔軟で誰にでも人当たり良く接することができる人。ほがらかでコミュニケーション上手の人気者ですが、実はこれは表面上のお話。内面ではこだわりが強く、ひとりの時間が取れないと息が詰まってしまうようなところもあります。我慢強い頑張り屋さんゆえに、苦労性なところもあるでしょう。その分、努力が実ったときのリターンは大きいので、ほどよく頑張るポイントをいくつか押さえておけると素敵です。ひとりで抱え込みすぎず、頼ったり相談したりすること、自分が心地よいペースを「我慢」ではなく「ほどよさ」によってキープすること。そうすれば、あなたが持つ特性を素敵なかたちで活かしていけそうです。なお、苦労性と書きましたが、これはただ苦労するだけなどという損な話ではありません。頑張った分は必ず、あとから報われることになっています。中年期から晩年期が楽しくなりますので、どうぞお楽しみに。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。

人気記事ランキング

  • 最新
  • 週間
  • 月間