【 9月15日〜30日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【9月15日〜30日の流れ】
前半に報道されたエリザベス女王の訃報に、大きな時代の“終わり”を感じた方も多かったでしょうか。20世紀を代表する方々の訃報に際するとどうしても「終わった」ことにばかり心が向くものですが、過去に培われた知見や文化というものは、それを土台にして新しいものが生み出されていきます。終わることよりも、何を生み出していくのか。そこに目を向けることで、有意義な日々にすることができるでしょう。実りの秋もいっそう本格化するこの季節、楽しんでまいりましょう。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

吉凶入り混じった変化運のとき。「やったあ」「う〜ん」「最高!」「う〜ん」を繰り返しているうちに、あっという間に2週間が過ぎていきそうです。特に頑張らずにいれば、「ちょっとマイナス」くらいで終わる見通し。もしちょっとでもプラスで終わらせたいなら、「どんな変化もアリ」と受け止めてみるといいでしょう。仮に今の自分にとって嬉しくない変化であっても「むしろオイシイぞ」と思えたなら、プラスの未来につながっていくでしょう。そのくらい、今の時期はあなたの感じ方に左右されるようです。

対人運

仕事まわりで変化が多そう。特にメンバーチェンジがなくとも、パワーバランスが変化したりわだかまりが生まれたりと、心の内部での変化もあるでしょう。「たまたま機嫌が悪いのかな」などと流してしまわず、「どうかした?」と聞いてあげる優しさで、その人のつらさを和らげることができるでしょう。分かりあえなくても、代わりに何かをやってあげることはできなくても、向き合いたいと思うことで救われる人がいるのです。

金運

不動産の売買や家のリフォーム、親族の遺産争いなど、大きめのテーマが降り掛かってきそう。決して悪い時期ではありませんが、「せっかくだから」と欲張ってどさくさ紛れに話を通そうとすると逆効果になりそう。自分が当事者でない話には極力、かかわりを持たないほうがいいでしょう。家族の緊急の用事のために、現金が必要になることもありそう。電子マネー派の人も、念のため現金を持ち歩いておくとよさそうです。

吉方位

15日:東、南東、南西 16日:東 17日:南東、北西、北 18日:北西 19日:東、西、北東 20日:南東、西、北東 21日:南、北 22日:南、北西、北 23日:東、西、北東 24日:東、南東、南西、北東 25日:東 26日:南東、北西 27日:北西 28日:東、西 29日:南東、西、北東 30日:南、北

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。