【1月15日〜31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月15日〜31日の流れ】
東洋の占いでは立春が1年の始まり。ちなみに西洋占術では春分を1年の区切りとする人もおり、「使う占術が多い占い師は“お正月”的な日が年に何度もある」なんて笑い話もあるくらいです。カレンダー上の区切りである1月1日は気持ちがピッと改まった人も多いはず。そして立春においては、周囲の状況になんだか変化が出てきたな、動けるようになったかなと感じられるようなことが起こり始めます。
1月後半はそのつもりで、お正月に立てた展望を明確にしたり、地に足をつけて「できることからやっていく」といった意気込みでいると運の循環が良くなってくるでしょう。幸運をつかむつもりで、いい1年にするつもりで、ひとつひとつ確実にやっていきましょう。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

自分の「原点」と向き合うときが巡ってきます。今ではすっかり慣れた人間関係やアクションについて、「はじめてのとき」を思い返す瞬間があるようなのです。初めて知り合った頃の相手を思う気持ちとか、初めて成功したときのときめきや達成感。今も鮮やかに記憶に残るそのワンシーンが、マンネリ化した日常をもう一度彩ってくれるのでしょう。マンネリ化、なんて乱暴な言い方をしたら失礼でしょうか。人間はどんな幸福にも、愛にも慣れてしまうことが多いのです。それでも意思がある限り、いつでも新鮮さを取り戻せるということに気付かせてくれるときでもあります。

対人運

身近な人の気持ちほど、丁寧に丁寧にすくいとっていくつもりで接するといいときです。特に仕事でたくさんの人と接する方は、オンでの疲れが知らず知らずのうちにオフで出がちに。あなたは優しい方ですから、あからさまに八つ当たりをしたりぶっきらぼうになったりすることはありません。それでも、上の空で話を聞いていたり、相槌がちょっぴり適当になったりするのは、意外に伝わるものです。とはいえ、疲れているのにオフでまで頑張らなければいけない、ということはまったくありません。「とても疲れているので、少し休ませてね」と言うのも「気持ちを丁寧にすくい取る」行為だろうと思います。

金運

ストレス発散のために、少しだけ散財しそうな予感。といっても、何かを買うことで気が済むという単純なお話ではありません。「発散するためにこれが必要だ」「きっとあれもあると最高!」などと楽しい計画を大きく見積もってしまいやすいのだろうと思います。リッチならもちろんOKですが、もし少し抑えめにしたいのならレンタルやシェアリングサービス、お試しキットなどを上手に使ってみたいところ。「いけそう!」と思ったら次のステップへ。

吉方位

15日:南西、北東 16日:東、北西 17日:南東、南、北西、北東 18日:東、西 19日:南東、南西 20日:東、北西 21日:南東 22日:南東、北東 23日:東、南、西 24日:南西、北東 25日:東、北西 26日:南東、南、北西、北東 27日:東、西 28日:南東、南西 29日:東、北西 30日:南東 31日:南東、北東

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。