【11月15日〜30日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
若手世代、新しいもの、新しい戦略など、勢いのあるものが旧来の勢力を突き破り現状を変えていく時期です。熟年世代や旧来の陋習も悪いものばかりではないのです。どんなものにも続いてきたなりの秩序や理由があります。ただ、世の中が変化していくなかで、発展を妨げているものがあるとすればこの時期、新しいものに勢いよく取って代わられるということになります。私は思うのですが、きっと「○歳が若手だ」などと年齢だけで区切られるお話でもないのでしょう。「これはこういうものだ」という先入観にとらわれず、今の世の中にとって何がベストなのかを考えることが、今の私たちに求められることなのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

15日からの1週間は体調を崩しやすい暗示。ここまで忙しく、自分に負担を賭け続けてきた人は休むのもまた重要な選択です。周囲の人の助けを借りながら、疲れないよう自分のペースを大切に過ごしましょう。月末が近づけば、運気は回復し、次第に視界が明るくなってきます。しんどいながらも頑張ってきたことが、ようやく日の目を浴びるかもしれません。まだ本調子でない方も多いと思うので、いつもより少しゆっくり歩を進めて。不思議なもので、自分に無理をさせていると、不思議とまわりの人もあなたに無理をさせてきます。だから意識して、ゆっくりと。

対人運

なんでもマウントを取ってくる人や、ちくりとイヤミを言わずにはいられない人。小さく、でも繰り返しあなたをすり減らしていく人がもし周りにいたら、距離を置いて過ごしましょう。そんなの聞き流せばいいじゃないか、と言われるかもしれませんが、この時期あなたは自分で思っている以上にデリケート。自分を損なうようなものは、できるだけ遠ざけたほうがいいいのです。対人運を良くする最大のコツは、自分を大切にすることです。

金運

口にするものにはお金をかけると運気アップにつながります。お米やパンといった普段の食材はもちろんのこと、調味料や油を使い切ったらできるだけナチュラルで、体に負担をかけないものにシフトしてみたいところ。また、旬の食材を食べるのは、口から運を取り込むのと同じこと。運気を良くしたいと思った日は、今が旬の野菜のうち、とびきり美味しそうなものを見つけて食べてみるといいでしょう。

吉方位

15日:南東、北西、北 16日:自由に過ごす日 17日:東、西、北東 18日:南東、西、北東 19日:南、北 20日:南、南西、北西、北 21日:西、北 22日:東、南西、北東 23日:東 24日:南東、北西、北 25日:北西 26日:東、西、北東 27日:南東、北東 28日:南、北 29日:南、南西、北 30日:東、西

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。