【11月15日〜30日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
若手世代、新しいもの、新しい戦略など、勢いのあるものが旧来の勢力を突き破り現状を変えていく時期です。熟年世代や旧来の陋習も悪いものばかりではないのです。どんなものにも続いてきたなりの秩序や理由があります。ただ、世の中が変化していくなかで、発展を妨げているものがあるとすればこの時期、新しいものに勢いよく取って代わられるということになります。私は思うのですが、きっと「○歳が若手だ」などと年齢だけで区切られるお話でもないのでしょう。「これはこういうものだ」という先入観にとらわれず、今の世の中にとって何がベストなのかを考えることが、今の私たちに求められることなのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

運気はやや不調に。毎年、この時期に体調を崩しやすい人はいつも以上に気をつけて過ごしましょう。寒い日はまだ安心ですが、ぽかぽか陽気の日に汗ばんで体を冷やすなど、気温のアップダウンに翻弄されやすいかもしれません。この時期に体調を崩すと長引きやすく、メンタルにも影響しがち。イルミネーションにクリスマスなど、せっかくの冬を楽しく過ごすためにも、「無理は禁物」というマイルールでいきましょう。

対人運

自分の殻に閉じこもりがちに。この時期のあなたは、感情的に言い募ったり、ガツンと反発したりといった短絡的な行動には出ないのですが、自分の心を守ろうとする気持ちが強く働くよう。「どうせ誰もわかってくれない」「孤独になるばかり」と、自分から心の扉を閉ざしてしまう傾向が出てきます。ひとりの時間も大切で必要な時間です。ただ、理解してくれようとする人の優しさに気づけないのは困りもの。できる範囲でいいので、信じられる人には素直に頼ったり、話を聞いてもらったりしてはいかがでしょうか。

金運

判断力に恵まれるときですが、運気のベースがいつもより少し弱いときなので、あまり大胆な選択はしないほうがいいでしょう。松竹梅とあったら梅を選ぶような、控えめな選択で乗り切りたいところです。特に投資は、あまり冒険はしないこと。せっかくならツイている時期にスタートしたほうが、投資における一連の行動全体にもいい運が巡ります。自然の流れに乗っていきましょう。

吉方位

15日:南東、南西、北東 16日:南、北 17日:南東、南西 18日:東、南西、西 19日:東、南東、北西 20日:南 21日:北、北東 22日:南、西、北西 23日:東、西、北東 24日:南東、南西、北東 25日:東、南、北 26日:南東、北西 27日:東、南西 28日:東、南東 29日:南 30日:北東

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。