【11月15日〜30日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
若手世代、新しいもの、新しい戦略など、勢いのあるものが旧来の勢力を突き破り現状を変えていく時期です。熟年世代や旧来の陋習も悪いものばかりではないのです。どんなものにも続いてきたなりの秩序や理由があります。ただ、世の中が変化していくなかで、発展を妨げているものがあるとすればこの時期、新しいものに勢いよく取って代わられるということになります。私は思うのですが、きっと「○歳が若手だ」などと年齢だけで区切られるお話でもないのでしょう。「これはこういうものだ」という先入観にとらわれず、今の世の中にとって何がベストなのかを考えることが、今の私たちに求められることなのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

もっと頑張りたいという気持ちと現実がなかなか響き合わないとき。努力しても思うように前に進めなかったり、周りにはたらきかけても反応が鈍かったりと、がっかりしてしまうようなことも多そう。ただ、これはあなたの頑張りが足りないとか、運が悪いといったことではありません。単純に「タイムラグが生じやすい時期だから」でしょう。願ったらポン! と叶うような状況は楽しいものですが、今は「人事を尽くして天命を待つ」時期です。ちょっと遅れてくるポン! を楽しみに待ちましょう。

対人運

「汲み取る力」がアップするとき。ザツな態度の人も、なかなか素直になれない人も「本当はこう思っているのでは」ということがなんとなくピンとくるので、さり気なくサポートに回ってみるとよさそう。と言っても、「相手はぜったいこうだ」と思い込んでしまうのも危険というもの。不安なときは「こうしようと思うんですが、どうでしょう?」とズバッと聞いてしまうといいでしょう。「あなたはこう思ってますよね?」と、相手をさぐる発言はNG。あくまで自分の問題として質問することで、「分かっている人」と一目置いてくれることもありそうです。

金運

ショッピングの際は質を重視すると嬉しいことが多そう。安いものをたくさん買うよりも、同じ金額でいいものをひとつ買ったほうが満足感も運も上がるでしょう。また、無料サービスは使い方によって運が変わります。たとえば飲食店で無料クーポンを使ったら、気持ち高めのメニューを選ぶ。たとえわずかな金額でも、「ありがとう、お返しするね」の気持ちで使ってみると、金運は淀まず循環していきます。これはどんなときも同じことですが、この時期の四緑木星の人にはさらにいい影響が及びやすいでしょう。

吉方位

15日:南西 16日:南東 17日:南東、西 18日:北西、北東 19日:西、北西 20日:北 21日:南西、北東 22日:東、南 23日:南西 24日:南西 25日:南東、北西 26日:南東、西 27日:北西、北東 28日:西 29日:北 30日:南西、北東

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。