【11月15日〜30日・二黒土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【11月15日〜30日の流れ】
若手世代、新しいもの、新しい戦略など、勢いのあるものが旧来の勢力を突き破り現状を変えていく時期です。熟年世代や旧来の陋習も悪いものばかりではないのです。どんなものにも続いてきたなりの秩序や理由があります。ただ、世の中が変化していくなかで、発展を妨げているものがあるとすればこの時期、新しいものに勢いよく取って代わられるということになります。私は思うのですが、きっと「○歳が若手だ」などと年齢だけで区切られるお話でもないのでしょう。「これはこういうものだ」という先入観にとらわれず、今の世の中にとって何がベストなのかを考えることが、今の私たちに求められることなのだろうと思います。
  • 文・真木あかり

二黒土星

総合運

力まずともスルッと物事がうまくいく好調期。むしろ「それならもっとアレをこうして」と力んでしまうと、急に流れが停滞してくることも。今、起こっていることはすべてベストなバランスで成り立っているのだと信じて、流れにまかせていきましょう。もしも今、停滞感でいっぱいなのだとしたら、それは「こだわるべきところが、ちょっとズレているかもよ」というサインかもしれません。少し目線を変えて、流れているもの・前に進んでいることに目を向けてみて。

対人運

「親しき仲にも礼儀あり」を心がけておく必要がありそう。この人なら許してくれるはず、というギリギリのラインでお願い事をしたり、好き放題言い過ぎたりすると急に距離を置かれることも。いつもは許される冗談も、今はちょっぴり慎重になっておきましょう。あなた本来の優しさで、初めてその人に会ったときの「仲良くなりたいな」という気持ちを思い出して接することができれば、きっと相手も自分も笑顔になれるはず。

金運

前半に続いて大きな問題はなさそう。いつもいただきものばかりならお礼をする、面倒や負担をかけるときは心付けを渡すなど、周りの人への気遣いのための出費を必要な分だけ意識しておけば、金運の巡りも良くなるでしょう。あなたに限って心配はないかと思いますが、もし未処理の請求書がある場合はすぐに支払いを。溜めるとその分、金運も滞ります。

吉方位

15日:南、南西、北、北東 16日:南、北 17日:東、南西 18日:南東、南西 19日:東、南東、北西 20日:南東、北西 21日:西、北東 22日:南、西、北西 23日:南、北東 24日:南西、北、北東 25日:東、南、北 26日:東 27日:南東、南西 28日:東、南東 29日:南東 30日:西、北東

二黒土星の基本性格
ふかふかに耕されてみずみずしい生命を育む畑のように、おおらかな心と人のために尽くす愛情にあふれた人です。温和で物腰が柔らかく、誰に対してもきめ細やかに気配りをするので、あなたのまわりの人はきっと大きな癒やしや安心感を得ていることでしょう。ただ、穏やかなだけで終わる人でもありません。ブレない自信を持ち、完璧主義でもあるので、やると言ったことは火が降っても槍が降っても成し遂げようとするでしょう。持ち前の粘り強さ、勤勉さで、時間はかかっても確実に前に進むため、周囲の人が驚くような偉業を打ち立てたりもするのです。ちなみに「貯め込む」のが得意であり好きなので、家のなかのお菓子がやたら充実していたり、「いつか使うかも」と思って取っておいたショップバッグや箱、紐といったものがクローゼットに山積みになっていたり、などという思いがけない一面も。でも、お金や努力も「貯める」ことができるので、きっと得をすることも多いだろうと思います。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。