【10月1日〜14日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【10月1日〜14日の流れ】
くるくると回り続ける風車のように、やむところのない活動の運気が巡ってきます。いろいろな物事が動き出してくるので、活動的になれる方は多いことでしょう。やってみたいことがあるならぜひ足で現地まで行き、自分の目でものを見て、手を動かして感じることを大事にするといいでしょう。ネットでなんでも調べることができる時代ですが、今月はひときわ自分の体で実感することに意味が生まれます。ただし感染症対策はしっかりと。これはもう、私が申し上げなくても皆様、わかっていますよね。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

今年も残り3ヵ月。七赤金星の人の10月前半は、ここまでの歩みを振り返って「広げすぎたものは絞る」時期に当たっています。「別に広げっぱなしでも、損をするわけでもないのに」と思われたでしょうか。占いという観点からいえば、今進めるつもりがない選択肢はいたん、手放したほうが運気はずっと良くなります。残した選択肢に全力投球できるうえ、空いたスペースには新たな運が巡ってくるからです。これからの可能性を広げるために、不要になった可能性を絞る。そんなふうに、考えてみてください。

対人運

良いご縁の多い時期ですが、この時期の出会いは玉石混交。オフィシャルな場でもプライベートでも、あなたと仲良くすることで得られるメリットが目当ての人も混ざっているのかもしれません。やたらとおだててくる人は適度にあしらって、ほどほどの距離感で。一方、「話すペースが同じ人」との関係は大切にするとよさそうです。おそらく、共感し合える部分が多いでしょう。

金運

物欲がモリッモリに上がりそうです。秋冬ものの服に防寒アイテム、来年の手帳に読みたかった作家の新作、この時期おいしいフルーツに……って、こうやって羅列したら「あっそれ!」なんて思ってしまうでしょうか。素敵なものをたくさん見つけられるときなので、心は常にワクワクしているでしょう。お財布と相談しながら、とっておきのものを手に入れていけると素敵です。幸いにしてこの時期は「ちょっと早めの自分へのクリスマスプレゼント」という言い訳もありますものね(早すぎか)。

吉方位

1日:南東、北東 2日:南東 3日:東、北西 4日:南東、南西 5日:東 6日:南、北西、北東 7日:西、北 8日:北西、北東 9日:東、南、西 10日:南東、北東 11日:南東 12日:東 13日:南東、南西 14日:東、西

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。