【5月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【5月1日〜14日の流れ】
3度目の緊急事態宣言のさなかに始まる5月です。対象地域の方は言うまでもなく、お仕事やお子さんのアクティビティに影響を受けるなどさまざまな方が感染症への不安とともに、鬱屈としたお気持ちを抱えておられることと思います。運気の流れとしては決して悪いものではありません。転換点を迎えるタイミングであり、多くの人が「本質は何か?」に目を向ける流れに入るでしょう。これからどうあるべきなのか、どう協力していくべきなのか。「社会のために自分ができること」について考えてみるといいですし、行動すれば背中を押してもらえるような流れもきっと起こるだろうと思います。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

現状維持がベストな選択のときです。現状維持はゆるやかな衰退に過ぎない、よくないものだという主張がなされることもありますが、それは数ヶ月、数年といった中長期的視点のお話。さらにいえば、運という観点から見るならば、いつもいつも前進・向上ばかりを目指していては、心も運も痩せてしまうばかり。現状維持がベストなときだってあるのです。問題は問題として、焦るよりもゆっくり対峙していきましょう。うまくいっていることは、今まで通りやっていきましょう。それが一番です。

対人運

レスポンスの速さが人間関係をスムーズにするポイント。仕事でもプライベートでも、メッセージやメールは読んだらパッと返信するといい運気のリズムに持ち込みやすくなる時。仮に検討が必要であれば「読んだよ!」だけでも返信しておけるといいでしょう。人に振り回されることが続いていた人は、ここから流れを変えられます。話を持ちかけられたら、う〜んと考え込まずに「今はちょっと無理かな!他の人をあたってね」と、サクッとNOを。主導権はいつもあなたが握っているということを忘れないでいて。

金運

金運は一見すると問題ないのですが、欲が出ると坂道を転がるように、一気に運が下がっていきます。そうならないためにはお金にならないことを大事にするといいでしょう。ボランティアや地域清掃に参加するのはいい選択。落ちているゴミを拾ったり、電車で席を譲ったりと、ちょっとした心がけで人の役に立つこともよさそうです。周りの人や社会のために何ができるか。もちろん金運アップを狙ってだけのことではないとは思いますが、心から「したい」と思えることがあるならば、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

吉方位

1日:北 2日:西、北西 3日:北西、北東 4日:南東、西 5日:南東、北西 6日:自由に過ごす日 7日:南西 8日:東、南、北 9日:南西、北東 10日:自由に過ごす日 11日:西、北西 12日:北西 13日:西 14日:北西

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。