【1月15日〜31日・九紫火星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月後半の運気の流れ】2月3日の立春に向けた半月です。世の中的に、物事の筋道をきちんと通していく流れが生まれるでしょう。不安なニュースでスタートした年明けでしたが、誰もがわかっている通り、それに振り回されても状況が良くなるわけではないのです。世の中的にも今後の指針がはっきりとしたかたちで示されていきますので、ひとりひとりが行動を正し、生活を整えていくことが大事になるのかなと思います。ネガティブな情報に耳を傾けるよりも、問題点を見つけて丁寧に改善策を講じていきましょう。少しずつ、良くしていけるはずです。
  • 文・真木あかり

九紫火星

総合運

強運のとき。ただし、美食も度が過ぎれば胸焼けを起こすように、強すぎるというのもまたバランスを崩す原因になります。この半月間においては、強運であること自体は間違いありません。好調に乗じてあれこれと「もうひと押し」してみたくなるかもしれないのですが、敢えて手を引っ込めて今の運をベストとしてみることで、最終的にいい結果を招くことになりそうです。一方、人からオファーがあったことに関しては、どれだけ押してもOK。自分から行動を起こすときはほどほどに、人からお声がけがあったときはフルに、この時期の運を使っていきましょう。

対人運

なぜか周囲の人がスローに感じることが多いかもしれません。返事がすぐに返ってこない、お願いしたものがいつまで経っても出てこないなど、「どうなってるの?」と聞きたくなることもしばしば。ただ、今はあなた自身の前進のスピードが早いことも、スローに見える度合いに拍車をかけていそうです。「おっそ!!」とイラッときたら、自分がすごく頑張っているときなのだと思って、少しだけ優しくなれるとちょうどよさそうです。

金運

資産を増やしたり、貯めたりすることに追い風が吹くときです。といっても、変に節約に走るばかりが手段ではありません。たとえば時短家電を揃えて仕事に集中する、家事代行サービスをお願いするなど、「時間をお金で買う」ような選択も一時的に出費は増えてもかえってお得になるケースも。今の自分が何を課題と感じているのか、そこから蓄財を考えてみても良いだろうと思います。

吉方位

15日:東、西、北東 16日:東、西、北東 17日:北西 18日:南東、北西、北 19日:東 20日:東、南東、南西、北東 21日:東、西、北 22日:南、南西、北西 23日:南、北 24日:南東、西 25日:西、北東 26日:北西 27日:北西、北 28日:東 29日:東、南東、北東 30日:東、西、北 31日:南、南西、北西、北

九紫火星の基本性格
まるで太陽のように情熱的で華やかなオーラを持つのが九紫火星の人。いつもアクティブに行動し、巧みなトーク力で周囲を惹きつけてやみません。エネルギーの塊のような人で、いいなと思うとまずはアクションを起こしてみるような行動力がありますが、若干「熱しやすく冷めやすい」傾向があるのも事実。昨日まで寝食を忘れるほど夢中になっていたことが、今日にはどうでもよくなって次のものに夢中……なんてことも少なくありません。テンションのアップダウンもちょっと激しめ。趣味など個人で楽しむものならいいのですが、仕事や恋愛では相手を振り回してしまうこともあるかもしれません。好奇心の幅の広さは素晴らしいことですが、落ち着いて考えたり人に相談したりといった行動も取り入れると、周囲との摩擦や緊張感も減らすことができるでしょう。プライドはかなり高め。それをお守りにして大胆な行動を取れるところもありますが、謙虚さを持てればそのプライドがカリスマ性に変わっていくはずです。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。