【1月15日〜31日・八白土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月後半の運気の流れ】2月3日の立春に向けた半月です。世の中的に、物事の筋道をきちんと通していく流れが生まれるでしょう。不安なニュースでスタートした年明けでしたが、誰もがわかっている通り、それに振り回されても状況が良くなるわけではないのです。世の中的にも今後の指針がはっきりとしたかたちで示されていきますので、ひとりひとりが行動を正し、生活を整えていくことが大事になるのかなと思います。ネガティブな情報に耳を傾けるよりも、問題点を見つけて丁寧に改善策を講じていきましょう。少しずつ、良くしていけるはずです。
  • 文・真木あかり

八白土星

総合運

グッと運気が上がってきます。やりたいことが次々と思い浮かび、いてもたってもいられない! というテンションになる人が多くなるかも。行動を起こせば、まるで世の中のほうがあなたに合わせてくるかのように、不思議と環境が整ってくるという暗示も出ています。ですが胸のうちで思っているだけではこの魔法は発動しません。人に話したり、具体的に行動を起こしたりしてこそのお話ですから覚えておいて。「いつか」と思ってきたことを「今」にするのに適したタイミングがあるなら、間違いなく今なのだろうと思います。

対人運

「人間関係は鏡のようなもの」といいますが、この時期はそうした傾向がビビッドに出ます。愚痴や文句を言えばどんよりムードを携えた人が、逆に未来志向で嬉しいことをシェアすれば同じように未来のほうを向いていける人が周りに集まってくるでしょう。ただ、自分に嘘をつくように頑張りすぎるのはNG。無理にポジティブになれば、同じように無理している人が集まってきやすいからです。今のあなたが無理なく見られる程度の「前」を見ましょう。同じ歩調で歩いてくれる人が、きっと現れますから。

金運

ムードに弱いときです。ゴージャス空間に浮かれて財布の紐がゆるんだり、タイムセールで皆が「うおおおお」となっているノリに気持ちを煽られたりするようなことが多いかもしれません。「欲しいものは欲しいときに、自分の意思で買う」と決めておくのが、この時期の鉄則。敢えて額面にこだわらないくらいのほうが、結果的におトクになることも多いでしょう。

吉方位

15日: 南西、北西 16日:南東、南西、北西 17日:東、南、北 18日:南東、南西、北東 19日:東、北東 20日:南、西 21日:北、北東 22日:南 23日:東、南東、北西 24日:東、南西、西 25日:南東、南西、北西 26日:東、南、北 27日:南西、北東 28日:東、西、北東 29日:南、西、北西 30日:北、北東 31日:南

八白土星の基本性格
山のようにどっしりと落ち着いていて、どんなことも穏やかに受け止めるフトコロの広さを持ち合わせている人です。真面目さと粘り強さを持ち合わせ、自分が目指すもののためならどんなに泥臭い努力も惜しまない芯の強い努力家ですが、人に対してそういった顔を見せることはありません。優しく面倒見が良い性格もあいまって、周囲からも頼りにされていることでしょう。実際は目標が決まらないとまるでテンションが上がらなかったり、納得できないことにはテコでも動かなかったりと、エンジンがかかるまでに若干時間が必要なことも。他人のことばかり頑張って、自分のことは後回しにしがちなところもあります。自分をモチベートするためにも、「できることからやる」「やりがいを感じられるポイントを探す」といったことをしてみると、うまく歯車が回り始めることでしょう。家族やご先祖様を大切にすることは運気アップにつながります。家族への連絡、親族のお墓参りなどはマメにするといいでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。