【1月15日〜31日・七赤金星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月後半の運気の流れ】2月3日の立春に向けた半月です。世の中的に、物事の筋道をきちんと通していく流れが生まれるでしょう。不安なニュースでスタートした年明けでしたが、誰もがわかっている通り、それに振り回されても状況が良くなるわけではないのです。世の中的にも今後の指針がはっきりとしたかたちで示されていきますので、ひとりひとりが行動を正し、生活を整えていくことが大事になるのかなと思います。ネガティブな情報に耳を傾けるよりも、問題点を見つけて丁寧に改善策を講じていきましょう。少しずつ、良くしていけるはずです。
  • 文・真木あかり

七赤金星

総合運

急に活気づいてきます。忙しいことは確かなのですが、それ以上に嬉しさや胸の高鳴り、これからやってくる日々への期待といったもののほうが大きいのではないかと思います。ここまで思うに任せない日々を過ごして来られた方は「そんな浮足立った感じがあるわけない」と思ったりするかもしれませんが、自分から楽しいことをどんどん「起こしていく」のは心機一転、良いスタートとなる出来事を呼び込むことにつながるでしょう。気分を切り替えたいときは手を叩いたり、書類をとんとんと揃えたりと、音を立ててみると効果的です。

対人運

思わぬ人からコンタクトがあったり、「はじめまして」の人が多かったりと、人間関係に新風が吹き込むことになるでしょう。慣れない関係性のなかでハプニングが起こったら、心のなかで「チャンス!」と叫んでみるのは大いにアリです。というのも、この半月間は、ハプニングやピンチすらも逆手にとって活かせるチャンスだから。慎重に解決策を探っていけば、事前の見通しよりもさらにいい結果をもたらすことも可能です。「さあ来い、ハプニング」くらいの強気でいてちょうどいいくらいでしょう。

金運

誰かの関心を引くための出費は金運流出につながります。プレゼントは贈りたい人だけに贈る、出費の多寡で判断されるような人間関係からは手を引くなど、損得勘定抜きで行う出費をメインにしていきましょう。プライベートでも、損得勘定抜きのフェアな関係を構築できる人と付き合うようにすると、金運と同時に対人運の向上も目指すことができるはずです。

吉方位

15日:東、北西 16日:東、北西 17日:南東 18日:南東、北東 19日:東、南 20日:南西、北東 21日:西、北 22日:南東、南、北西、北東 23日:東、西 24日:南東、南西 25日:北西 26日:自由に過ごす日 27日:北東 28日:東、西 29日:北西、北東 30日:西、北 31日:南東、南、北西、北東

七赤金星の基本性格
秋、稲穂が頭を垂れ木々が豊かに実るように、豊かさや充実といったエネルギーを持つ人です。いつも明るく愛嬌たっぷりで、いるだけでその場がパッと明るい雰囲気になり、自分も人も楽しむことを大事にするので人気があります。センスが良く、流行を誰よりも早く押さえていたり、トレンドをファッションに取り入れたりするので、オシャレな人も多いでしょう。ただこのカンの良さがネガティブな方向に発揮されると、言葉の棘で相手を刺しにいったり批判能力だけが強調されたりと、キツい人と誤解される危険も出てくるでしょう。ポイントは聡明さ。頭の回転が早くコミュニケーション能力に優れているので、ポジティブな表現を心がけるとあなたが本当に伝えたいことが、まわりに理解してもらいやすくなります。仲間にも恵まれ、幸せの幅も量も大きく広げていくことができるでしょう。ちなみに、明るい性格のわりに、いったん落ち込むとどこまでもネガティブになっていく傾向も。起きたことを引きずらず、上手に切り替えができるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。