【1月15日〜31日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月後半の運気の流れ】2月3日の立春に向けた半月です。世の中的に、物事の筋道をきちんと通していく流れが生まれるでしょう。不安なニュースでスタートした年明けでしたが、誰もがわかっている通り、それに振り回されても状況が良くなるわけではないのです。世の中的にも今後の指針がはっきりとしたかたちで示されていきますので、ひとりひとりが行動を正し、生活を整えていくことが大事になるのかなと思います。ネガティブな情報に耳を傾けるよりも、問題点を見つけて丁寧に改善策を講じていきましょう。少しずつ、良くしていけるはずです。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

1月前半に引き続き明るいムードです。難しいことにも前向きな気持ちで取り組んでいけますし、楽しんでやっている空気が相手にも伝わっていい結果につながる予感。動けば動くほど調子が良くなってくるようで、さらに意欲がアップするという好循環に。もし「今はちょっと動く気がしない」という気分なら、無理に頑張ろうとするのは良くない選択です。その場合は、「全力で休む」ことが最優先。休むぞと決め、休むことを楽しみましょう。それもまた大事な「動く」です。

対人運

対面での会話は叶わなくとも、オンラインで積極的に人と関わっていきたい時期。あなたの身近な人も接点を求めているようで、思いのほか心を開いてくれていい話ができそうです。「価値観に共感しにくい」「なんだか最近、変わってしまった」と思う人がいるならば、今は相手を正そうとするよりも一時的に離れるほうが良さそう。お相手もお相手なりに頑張っているわけで、こちらの考えを強く出しすぎると「否定された」と思うからです。変に関係をこじれさせないためにも。スルー力(りょく)を身につけて。

金運

想定した金額より多くの出費があり、家計の行く末を案じることに。ただし、あまり神経質になりすぎる必要はないでしょう。なぜなら、他人から見れば衝動買いそのもののような出費でも、それがあなたの心の支えとなったりやる気の源泉になったりするからです。金運は金運単体で考えるよりも、仕事運や対人運などトータルでいい状態にしてこそ価値があるもの。引き締めるところは引き締める、使うときはしっかり使う。そんなふうに、運を使っていけるとよさそうです。

吉方位

15日:北東 16日:南東、北東 17日:東、西 18日:北西 19日:南西 20日:南東、南、北 21日:東 22日:南西、北東 23日:西、北西 24日:北西 25日:南東、北東 26日:東、西 27日:南西、北西 28日:南西 29日:南東、南、北 30日:東 31日:南西、北東

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は税込価格です。ただしクロワッサン1043号以前から転載した記事に関しては、本体のみ(税抜き)の価格となります。