更新:

【1月1日〜14日・五黄土星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

五黄土星

総合運

「成長したい」「もっとすごいことをしたい」といった気持ちがぐるぐると胸のなかに渦巻く新年。やる気が高まり、年明け早々からさっそく行動に出る人もいそうです。ただし、やる気が「焦り」に変わってしまうと空回りするばかり。せっかく時間をかけても疲れるだけでは意味がありません。何のために成長するのか、すごいことは何のためにするのか。そのあたりをスマホのメモ帳などに記録しておくのはおすすめです。自分と他人を比べたり、焦燥感が生まれたりしたときは読み返して。

対人運

お願いごとを持ち込まれることが増えそう。できるだけ応えてあげたいところですが、多忙さゆえに一つ一つの対応がザツになると思った以上の非難を浴びることに。自分では簡単な依頼と思っていたところ、相手が高度な要求を伝えきれていないだけだった……といった想定外のことも起こりやすい時期です。引き受けるかどうか決めるときは、直感で決めずに「プレ打ち合わせ」をすること。あなたが人にお願いごとを持ちかけるときも、同様に。

金運

大きな出費は再検討を。セールであれ少額であれ、衝動買いはいずれも金運を低迷させることになります。特にショッピングなどで、最初は乗り気ではなかったものの、話を聞いているうちに欲しくなってきて……という場合はいったん、その場を離れて考えるといいでしょう。また、小銭をそのへんに出しっぱなしにしていたり、財布が傷んでいたりすると金運を傷つけることになります。お金そのものを丁寧に扱うのは、基本中の基本と考えて。

吉方位

1日:西、北、北東 2日:南、南西、西、北西、北東 3日:東、南、西、北東 4日:南東、南西、北、北東 5日:東、南、北 6日:東、南東、北西 7日:東、南東、南西 8日:東、南東 9日:南東、南 10日:西、北東 11日:南、南西、西、北西 12日:東、南、西 13日:南東、南、南西、北、北東 14日:東、南、北

五黄土星の基本性格
五黄は木や大地など特定のものを象徴する言葉ではなく「中心」を意味し、ひいては生きとし生けるものの生を司ります。天と地のどちらの働きも持ち合わせることから、五黄土星の人は非常にエネルギッシュな生命力が生まれながらにして備わっているのです。この世に生を受けたからには、全力で楽しんで走り抜けたい――そうした思いを持つ人は少なくないでしょう。人に指図されることを何より嫌い、いつも自分のペースで自分のやりたいことを追求します。あなたが望みさえすれば、大きな夢を叶えることも決して難しくないのでしょう。個性的なところが強く出すぎると、周囲からアクが強い人、心が狭い人と誤解されることもあるかもしれませんが、友達や信頼している人からの頼みであれば、骨身を惜しまず努力して期待に応えようとする、器の大きなところも。自分勝手になりすぎることなく、人に熱意を注ぐところが伝われば人望も確かなものとなるでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。