更新:

【1月1日〜14日・四緑木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

四緑木星

総合運

年始に若干、運気の乱れが生じます。ただこれは人によって影響の度合いがかなり異なりそう。何も感じないという人が多いと思いますが、念のためケガを含めた健康には注意して過ごすようにしましょう。5日頃から運気は好転、右肩上がりに良くなっていきます。この時期は自分からガンガン動くよりも、流れにまかせるのがベターなとき。意図しない出来事が起きた場合でも、慌てずに「自分に何が求められているのか」を見て動けばうまくいきます。

対人運

「求めに応じて動く」スタンスでいるといいときで、自分の都合ばかりで動くとやり直しや調整が発生してかえって時間のロスになりそうです。ただ、相手の都合ばかりを優先すれば、振り回されたり「ムリを言ってもいい人」と思われてしまったりすることも。なんでも「大丈夫」と言わなくてもOKです。求めに応じながらも、自分の意見ははっきり言うこと。「ここから先はムリだけど、どうする?」と、お互いの一致点を探すこと。そんなところを、大事にしていただけるとよいかと思います。

金運

金運は好調。「1億円もらえる」「庭に油田がわいた」といったレベルのミラクルは起きにくいだろうと思うのですが、生活にゆとりが感じられるでしょう。ただし、自分を厳しく律して節約を試みている人は、頑張りすぎないことも頑張ってみるとよさそうです。というのも、節約意識が「ケチ」レベルになってしまうと、かえって金運の流れを弱めてしまうから。停滞が長引けば収入にマイナスの影響を及ぼすこともあります。「○○円以内なら、衝動買いもアリ!」など、ちょっぴりゆるい発想も楽しんでいきましょう。

吉方位

1日: 南西、北東 2日:東、南、北 3日:南西 4日:南西 5日:南東、北西 6日:南東、西 7日:北西、北東 8日:西 9日:北 10日:南西、北東 11日:東、南、北 12日:南西 13日:南西 14日:北西

四緑木星の基本性格
木々が成長して枝葉を伸ばし、森となっていくように、「みんなとの関係」「みんなのなかの自分」を第一に考えるタイプの人。生真面目ですが物腰は柔らかで、その場にいる人を全員ほんわかとした癒やしで満たしていくようなところがあります。謙虚で相手を立てることが得意なので、目上の人から可愛がられることも多いでしょう。こうした調和を重視する原動力は、実は「誰にも嫌われたくない」という不安。それが強く出すぎてしまうと「人の言いなりになる」「自分の意見がないと思われる」といったネガティブな容姿に変わってしまうことがあります。本来の「調和」の力を活かすには、周囲の人の顔色を伺うばかりでなく、自分の存在や気持ちも尊重するという姿勢は、いつも持っていたいところです。それができるようになれば、人のためを思ってしたことが自分にも返ってくるなど、優しさや思いやりの循環が起こり始めます。試行錯誤した分だけ、生きやすくなっていくでしょう。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。