更新:

【1月1日〜14日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【1月前半の運気の流れ】2021年がスタートしました。九星気学では、1年の切り替わりは2月の立春から。まあ西洋占星術でも星の動きベースで運気が切り替わるので、年が改まったからといって運気がどうこうなるというものではないのですけれども、真っ白なカレンダーや手帳を目にするとやっぱり、気持ちが引き締まるものです。それこそが、私たちが予測のつかない日々を生きるために大切な「心の切り替え」というものではないかと思います。さて2021年に限っては、2月からの1年を1月のうちから先取りするような傾向が強まってきます。つまり2020年全体を覆っていた「七赤金星」のムードは次第に薄くなっていき、次の「六白金星」のムードが濃くなってくる、ということになります。世の中的には政府主導のお金の動きに注目が集まり、フワフワした気分は薄めに。また、差別やハラスメントといったものには厳正な視線が向けられます。個人の動きとしては「本物の努力」に目が向く時期となるだろうと思います。生活にルールを課し力を蓄える時期と思って、コツコツと物事を進めていくことが大事です。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

曇り空がサーッと晴れて視界がどんどん明るくなるように、見通しが良くなってくるでしょう。年始は若干バタバタしますが、次第に落ち浮いて好調な状態が安定してきます。新たな1年、新しいことに挑戦したいと考えている人は今が絶好のチャンス。自信を持って前に進みたいところです。物事は広げてこそ意味が出るときですから、慎重さと大胆さのバランスを取りながら前に進んでいきましょう。「時間ができたらやろう」ではなく「今やって、それから考えよう」的な発想の転換も、していけると素敵です。

対人運

今、あなたが一生懸命に熱意を注いでいる人に対しては、ついつい前のめりになりがちなとき。たくさん言葉を重ねれば重ねるほど、たくさん会えば会うほど思いが報われるわけではありません。少しでも関係性を良くしたいという思いはそのままに、ほどほどのラインを見極めることが何より大事な2週間です。勢いに任せて思い切った行動に出ると、裏目に出ることがほとんど。相手を自分と同じ温度にしようとするのではなく、自分が相手の温度にしていくほうが、馴染みが良いようです。

金運

経済的な恩恵を大きく受けられるとき。といってもすぐに手持ちのお金が増える! というよりは、この半月は「仕込みのとき」と言えそうです。出費が多くなりがちなときですが、今の投資が長期的に自分に大きくレバレッジをきかせることになるなら大きな出費もアリでしょう。ただ、細かいところをよく見ないで突っ走ってしまう傾向が出るので、「思ったのと違う」ということが起こりがちではあります。もののスペックやサービス内容はよくよく確認を。

吉方位

1日:自由に過ごす日 2日:南、北 3日:南西 4日:南西、北西 5日:東、西 6日:南東、北東 7日:北西 8日:西 9日:南西、北東 10日:東 11日:南東、南、北 12日:南西 13日:南西、北西 14日:東、西

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。