【9月15日〜30日・三碧木星の運勢】真木あかりの九星気学占い

【9月後半の運気の流れ】世の中的に、大事なことは水面下で動き、ある段階で急に表に出て人々を驚かせる時期にあたっています。ただ、「青天の霹靂」レベルのことって、世の中そう多くありません。大抵は「なんか風向きが変わってきた気がするな」「前と違うよね」といった“空気”のようなものがあり、何か起こったときには「えっ!」だけでなく「やっぱり……」といった思いも伴うことが多いのではないでしょうか。この時期は多くの人が、言葉にならない予感のようなものを抱きます。人は物事がはっきりしないときは楽観より悲観を抱くものですから、ちょっとイライラしたり、過敏になったりする人も多いのかもしれません。あまり無理をせず、たとえばSNSでもリアルの人間関係でも、しんどくなったらそっと距離を置くのも良いでしょう。それは「逃げ」ではなく、「大事な選択」ですから。
  • 文・真木あかり

三碧木星

総合運

パッと光が当たるように、嬉しいこと・楽しいことが次々と飛び込んでくる幸運期。レジャーからイベント、飲み会の予定まで、無理のない範囲で参加してみて。先々のことを考えるのも大事ですが、二度と巡ってこない「今」を存分に楽しむ意識を持っておくと、運気全体の底上げとなります。ただし、やるべきことはやってから遊ぶ! というのが基本ルール。小学生の宿題みたいと思われるかもしれませんが、仕事や義務を果たしたあとのほうが、遊ぶことの楽しみも強く感じられるはずです。

対人運

人との接点が増える楽しい時期。特に趣味やプライベートでの話題を共有できる人とのつながりが濃くなり、楽しくなるでしょう。「これは遊びでのことだけど、仕事においても通用するなあ」などと、深い学びを得られることも。ただ、調子に乗ると口が過ぎる傾向があるので、相手がムッとしたらすぐ謝って。相手にとっては、きっと大事なこと。それを一緒に大事にしてあげることが、信頼につながるのだろうと思います。

金運

趣味やレジャー、アルコールが入ってからのネットショッピングなどではつい散財しがちに。ある程度の金額であれば余暇のうるおいにつながって良いお買い物になりそうですが、ローンやリボ払いでの買い物は、今の運気では避けたほうがよいでしょう。総合運のところで書いた「今を楽しむ」というのは、「今の自分で楽しむ」という意味でもあります。未来の自分に頑張りを託して楽しむよりも、等身大で楽しめると素敵です。

吉方位

15日:自由に過ごす日 16日:南、北 17日:南西 18日:南西、北西 19日:東、西 20日:南東、北東 21日:北西 22日:西 23日:南西、北東 24日:東 25日:南東、南、北 26日:南西 27日:南西、北西 28日:東、西 29日:北東 30日:北西

三碧木星の基本性格
春、あたたかな日差しのもとで木々が鮮やかな色の新芽を次々に出していくように、若々しい成長のエネルギーに満ちた人です。いつもだいたい前向きで、ハッピーオーラ全開。ピンチのときも「なんとかなるよ!」なんて言いながら、ポジティブに目の前のことに挑んでいきます。あなたのまわりの人も、つられて明るく楽しい気持ちになるという人が多いに違いありません。ただ、勢いはあるものの、少々お調子者で向こう見ずなところもあることは否めません。根拠のない自信から積極的に行動して派手にコケたり、自慢話を盛りすぎて慌てるハメになったりと、悪気はないもののお騒がせキャラになってしまうことも。その姿はまるで子ども!? でも、いいなと思ったら即やってみる! という行動力は、たくさんの恵みをあなたにもたらしてくれているはずです。さっぱりと引きずらないところも魅力と言えるでしょう。ちなみに、誰に対してもフレンドリーですが、本当に心を開いている相手は意外なほど限定されていたりもします。

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。