くらし
トピックス
更新:

物事の感じ方が変わった! 句会を体験。

  • 撮影・岩本慶三 文・後藤真子
みなさんの句を拝見する後藤。作句は初めて。常に題材を探していると、身の回りの物事に新鮮な発見がある。

開票が始まると、自分が選んだ句を他の人も選んでいたら、ほっとするしなんだかうれしい。自分の句に票が入れば、もっとうれしい。単純な開票作業も楽しいのだなと発見しつつ、集計が終わると票数の多いものから順に作者が明かされて、水原さんが講評していく。この講評が参加型で面白い。

「この句はどういう情景を詠んだものでしょう。いちばん言いたかったことは何かしら」「それでしたら、この部分の言葉を変えると気持ちが入るし、物語性が生まれると思います。みなさん、いいアイデアはないですか」という具合に、作者の思いを尊重しながら、参加者全員に考えさせ、最終的には作者に決めさせるという進め方。なぜなら、「俳句は作者のものですから」と水原さん。技巧的に優れた句に直すのも可能だが、それでは作者を離れ、師の句になってしまうと語る。

私の句にもアドバイスをちょうだいした。イースターの句は、季語が桜、若葉、イースターと重なっており、後半部分の詩因(その句で詠みたいこと)に対して冒頭の桜の印象が強すぎるため、「桜降り」を「風の息」などと変えるといいそうだ。猫の句は、「春眠や」と切れ字を使うとメリハリがつく。
「みなさん、詩因は良いのです。あとは、どう表現するか。季語を多くお知りになると、世界が広がります
句会中、主宰の水原さんが選んだよい俳句も15句ほど発表される。

講評による直しの例。作者の意を尊重しつつ句を磨く。

1 2 3
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE

※ 記事中の商品価格は、特に表記がない場合は本体のみ(税抜き)の価格です。税込表記の商品は、配信日が2019年9月30日以前の記事は消費税8%、2019年10月1日以降に配信の記事は10%(軽減税率適用のものは8%)が含まれています。