トピックス

Vol. 39 美容酵素 Tie2(タイツー)マジック

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

新年、最初の増田美加のこちらのブログでは、皆様に本のプレゼント5名様にさせていただきたく存じます。

そのタイトルは、『からだの芯からキレイになる! 美容酵素Tie2マジック』。私が企画監修を務めました

masuda_vol39_1

“Tie2(タイツー)”とは、まだ耳なじみのないワードかもしれませんが、今年、ヘルスケアと美容の分野でブレイクするのでは、と思っています。

Tie2という酵素には、血管やリンパ管の壁細胞を安定化させ元気にする力があります。血管やリンパ管が元気になると、血流が上がり、栄養分を必要な場所に運び、デトックスもスムーズにいきます。

とくに重要なのが、毛細血管!
毛細血管が傷つくと、肌は老化する! のです。
masuda_vol39_2

血管には、動脈や静脈のような太い血管と、動脈と静脈をつなぐ髪の毛の10分の1ほどの太さの毛細血管があります。全血管の9割以上を占めているのが、実は毛細血管。
すべての毛細血管を1本につなぐと、地球2周半の長さになるといわれています。すごい!

全部で60兆個を超えるといわれている私たちの全身の細胞に、毛細血管は酸素や栄養分を届け、老廃物を回収して静脈へと送るという働きをしています。
毛細血管は加齢や紫外線、活性酸素の影響ちょっとした衝撃や摩擦で傷ついてしまうくらい、もろい存在。

この毛細血管は、年齢とともに減少します。
女性は、40代から毛細血管の量が急速に減っていくことが最近の研究でわかってきました。
30代にくらべると、70代では30%減少する!というデータも。

毛細血管がダメージを受け傷つくと、影響を受けやすいものの代表格が肌。
肌の奥にある真皮には、毛細血管が張り巡らされているので、毛細血管が傷つくと酸素や栄養分が行きわたらなくなり、顔にしわ、くすみ、たるみなど、目に見える老化があらわれる原因にもなります。
血管のダメージは、肌の老化だけでなく、体の冷え、むくみ、さらに重大な病気や不調まで、さまざまな弊害が生まれます。

血管やリンパ管、私たちの健康と美容にとってTie2は、救世主です。

毛細血管が元気でないと、すみずみの細胞にまで栄養分や酸素が行きわたらず、老廃物も回収できなくなってしまいます。
私たちの健康と美容を支える体の巡りには、血管、リンパ管などの通り道の強さが大切。そのゆるみを整え、修復する接着剤の役割を担っているのがTie2(タイツー)です。

体の内側から、つまりは血管から元気であることを目指すために、今、必要なのが、このTie2というわけです。

では、どうやってTie2を活性化させるのか?
それは、ヒハツ(長胡椒)、カリン、ルイボス、シナモンほか、数種類の植物の力を借りること。
この本では、植物由来成分Tie2を活性化させ、体内の元気な巡りを守って、体の調子を整える具体的な方法を提案しています。
Tie2活性成分のある植物を食べたり、飲んだり、肌に塗ったりする方法です。
masuda_vol39_3

これらの植物の力については、『植物なんとか部』 が詳しいです。私の対談やコラムもありますので、よろしければご覧ください。
masuda_vol39_4

大阪大学微生物研究所教授の高倉伸幸先生
らの長年にわたる研究で、Tie2を活性化することは、粘膜、皮膚、関節、筋肉などのさまざまな炎症や臓器不全、生活習慣病、老化にも役立つことがさらに、わかってきました。

具体的には、生活習慣病に伴う心臓病、腎臓病、脳疾患、網膜症などの予防や、皮膚のシワ、むくみ、肥満対策、関節、目、髪の老化や不調のケアに有効です。
また、現在、抗がん剤を届けるべきがん細胞に効果的に届けるためにも、Tie2の活用が注目されています。

Tie2については、私と友人が主宰する『マンマチアー(Mamma Cheer)委員会』でゲスト講師を招き、テーマ「血管とリンパを元気にする酵素“Tie2(タイツー)”の働きと活用術」と題してセミナーを行います。
2015年1月21日(水) 開始18時半~20時半終了、場所は銀座のクリニック。参加費無料、申し込み不要です。詳しくは『NPO法人女性医療ネットワーク マンマチアー(Mamma Cheer)委員会』をご覧ください。

[ccform id=”3074″ dead=”150210″ loginbox=”top” address=”show”]

ニックネーム

[/ccform]

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE