伝説のジャズ・ギタリストの物語 『永遠のジャンゴ』劇場招待券を3組6名に。 | プレゼント | クロワッサン オンライン
プレゼント

伝説のジャズ・ギタリストの物語 『永遠のジャンゴ』劇場招待券を3組6名に。

ジャンゴ・ラインハルトというジャズ・ギタリストを知っていますか。
ベルギーに生まれ、ジプシーの血を引くジャンゴは、少年の頃の火傷が原因で左手の一部が不自由ながらも親指、人差し指、中指の3本だけを駆使した特殊な奏法を確立し、スウィング・ジャズと 伝統的なジプシー音楽を融合させた新しい音楽で、世界を魅了しました。
華麗な技法と豊かな表現力で、後続の多くのミュージシャンに影響を与えたといわれています。そんなジャンゴ・ラインハルトの知られざる真実に迫った注目作『永遠のジャンゴ』が日本で公開されます。

舞台は1943年、ドイツ軍占領下のフランス。ミュージシャンとして絶頂期のまっただ中にあるジャンゴは、パリの有名なミュージッ ク・ホールを連日満員にし、ナチスに抑圧された市民を熱狂させていました。その絶大な人気に目をつけたナチスは、ジャンゴをプロパガンダに利用しようとドイツでの公演を画策します。しかし愛人ルイーズの助言によって身の危険を感じたジャンゴは、年老いた母親や妊娠中の妻とともに逃亡。レマン湖の畔の町に移り住みます。そこでジャンゴが目の当たりにしたのは、自らの同胞たるジプシーがナチスの理不尽な迫害に苦しむ現実でした…。

「ジャンゴの生涯を大雑把に見せる伝記映画を作りたいとは思わなかった」と語るコマール監督が、歴史的な事実をベースに独自のフィクションを織り交ぜて紡ぎあげた作品です。天才アーティストらしく気まぐれで情熱的だったジャンゴのチャーミングな人物像。ナチスの思惑に翻弄される彼の恐怖、怒り、哀しみ。名曲「マイナー・スウィング」を始めとするジャンゴの数々の楽曲をフィーチャーした演奏シーンなど見どころたっぷり。

2017年第67回ベルリン国際映画祭のオープニングで上映。
音楽史上のレジェンドの“魂”を今に甦らせた映像世界『永遠のジャンゴ』の劇場招待券を3組6名にプレゼントします。

『永遠のジャンゴ』
監督/脚本:エチエンヌ・コマール(『チャップリンからの贈り物』『大統領の料理人』脚本) 音楽:ローゼンバーグ・トリオ
出演:レダ・カテブ(『預言者』『ゼロ・ダーク・サーティ』)、セシル・ドゥ・フランス(『ヒア アフター』『少年と自転車』)
2017年/フランス/シネマス
© 2017 ARCHES FILMS – CURIOSA FILMS – MOANA FILMS – PATHE PRODUCTION – FRANCE 2 CINEMA – AUVERGNE-RHONE-ALPES CINEMA
配給 ブロードメディア・スタジオ
11/25(土)ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
http://www.eien-django.com

※当プレゼントはリーダーズクラブ会員で且つクロワッサン倶楽部にご登録いただいている方のみご参加いただけます。あらかじめご了承ください。
12月以降、クロワッサン倶楽部のご案内は新会員サービスを通して行ってまいります。
この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

この記事が気に入ったらいいね!&フォローしよう

SHARE